清水義文の小屋

网摘文章を集めて

技術革新を目指すスピリットが共鳴する

 

正直なところ、2015年のF1シーンは残念だったという日本人は多いのではないだろうか。伝説のコンビ、マクラーレンとホンダが再びタッグを組み、ジェイソン・バトンとフェルナンド・アロンソという2人のドライバーズチャンピオン経験者がハンドルを握るという黄金の体制だったのに………。2016年こそ、期待に応える結果を出してくれるだろうと信じたい。

そんなマクラーレン・ホンダに関して、時計ファンに朗報がもたらされた。今や飛ぶ鳥を落とす勢いのリシャール・ミルが、マクラーレン・ホンダとのパートナーシップを締結したというのだ。それも10年におよぶ長期契約であり、両者の不退転の決意が伺える。

«1»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 清水義文