清水義文の小屋

网摘文章を集めて

パテックフィリップ175週年発表表王新世紀

 1839年、アンソニー・ロバート・百達とフランチェスコ・沙柏創立Patek Czapek&Cie会社、1845年、沙柏と百は仲間割れ。受けて百はさんに誘われ、エイドリアン・翡麗に来ジュネーヴと百はさん、V.Goslkowski弁護士共同創立した会社Patek & Cie、1851年、Patek & Cie改名Patek、フィリップ・& Cie、彼らの共同約束ビジョン、希望の設計、制作業界の専門家の目に開放し、世界で最も美しいの時計。175年、歴史の起伏は生産停止までのフィリップ時計として、今、ジュネーヴ僅かな独立家族タブ企業で、パテックフィリップの革新を完全に自由を確保するため、自分で世界タブ業のリード。
今年はフィリップ誕生の第175週年で、早くバーゼル期間、パテックフィリップが高揚と取り組み、結果は一枚しか5960 / 1 Aの人は少し印象。しばらく前の大騒ぎのGraves懐中時計、パテックフィリップ再び訪れた風、時間、またあがって波をフィリップスーパー復雑表のブーム。今日、この波ブームてやがてばかり、パテックフィリップはサイトに声高デビューまもなくの175週年記念時計で、今やっと知っていてフィリップの「計略にたけた」。

パテックフィリップ175週年発表表王新世紀

1839年、アンソニー・ロバート・百達とフランチェスコ・沙柏創立Patek Czapek&Cie会社、1845年、沙柏と百は仲間割れ。受けて百はさんに誘われ、エイドリアン・翡麗に来ジュネーヴと百はさん、V.Goslkowski弁護士共同創立した会社Patek & Cie、1851年、Patek & Cie改名Patek、フィリップ・& Cie、彼らの共同約束ビジョン、希望の設計、制作業界の専門家の目に開放し、世界で最も美しいの時計。175年、歴史の起伏は生産停止までのフィリップ時計として、今、ジュネーヴ僅かな独立家族タブ企業で、パテックフィリップの革新を完全に自由を確保するため、自分で世界タブ業のリード。

パテックフィリップの双追針-バーゼル新表と歴史の源流

終わったばかりのバーゼル表展で、パテックフィリップが発表した6項をダブルカウントダウン追い針機能の腕時計は、それぞれ、有名なモデル5004の現代版の5204不機嫌プラチナ版5204P - 2011、三枚異なる盤面の鋼チェーン鋼殻版5950、モデル5950 / 1 A - 001(白)、- 010(靑)と、- 2011(ピンクゴールド)。そして2枚5950の基礎の上で付加機能の5951P -紛争2万年暦(白面)と5951P - 013(不機嫌)。の売却、パテックフィリップダブル針モデルでは追い表丸い殻の5959更新してない、開発力は小さくない。
双追針(法:Rattrapante、英:Split-Seconds Chronograph、またはDouble Chronograph)とは一番早くはスイス時計職人Adolphe Nicoleでじゅうく世紀半ばに作り出され、彼も初の必要がない鍵にチェーン懐中時計の発明者。この時計職人の会社Nicole Nielson &され. 1934年破産清算、その早期の懐中時計作品も欧米現在収蔵界の寵カードのひとつ、下図この枚1884年制エナメル面双追針懐中時計は彼の二人の息子の制作。

パテックフィリップ上海英才センター第二期正式に開く

 2005年、パテックフィリップは正式に中国市場に進出して、相前後しては上海と北京の2つの専売店を開設し、それぞれに2012年と2014年のアップグレードをフィリップ源邸。九年、その発展とサービスの質を向上させ、前後して上海と北京の各施設の1家の顧客サービスセンター、中国市場の顧客サービスのレベルを改善し。
2013年、厳密募集、四男の学生、四名の女子学生は最終的に英才育成計画。課程は2年、4つの段階に分けて、4つの段階。生徒は、全3、500時間の課程、製表の理論、操作の実と英語を含む。完成後は獲得して相当フィリップ時計職人の資質二級、直接顧客サービスセンターの仕事、メンテナンス搭載の基礎、自動機械ムーブメントクォーツムーブメントとの腕時計。現在、第1期8名の学生はすでに第1学年の2つの段階の勉強を完成した。学習内容は理論、微機械操作及び英語。学生の必要から金属材料を利用してから、設備や道具を経て、多重工程を作り、独立に図面のツールや部品、要求だけで0 . 05ミリ以内の誤差。

«1»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 清水義文