清水義文の小屋

网摘文章を集めて

ジャックのルーマニアは建築の美が文字盤の

 早く1774年、ピエール・ジャック・徳羅が自分の息子と弟子と一緒に、ロンドンBartlettビルに開設した仕事をしJaquet坊、Droz & Leschot時計店。始まったこの段長い情縁。
昔は伝統とホーローが盛んになって、都市は重要なテーマとなっている。現代まで、ジャック徳羅タブ工芸大家はより都市のシンボル的な建物の元素を時計としてデザインのインスピレーション。どうしてジャック徳羅時計職人ハロルド・パフェをテーマに制作をしてますか?それを代表しているロンドンの魅力と不朽:地下1階のダイアナ妃記念館、人々はこの花は枯れきっての「英倫バラ」、照れたマイケル・ジャクソン、選択真夜中の店を閉じてショッピングして永遠の007演じる者ピアース・ブルースの南、かつてここ薬品売り場の社員。数百年は来て、ここはずっと創造、展示と販売贅沢と人文、それとジャック徳羅のブランドコンセプトに重なる。
今、ジャック徳羅発売ロンドンハロルドマイクロ絵エナメル腕時計(Petite Heure Minute Harrods)が語る、ためにジャック徳羅とロンドンこの伝奇の城の2世の淵源。黒いタクシー、赤い二階建てバス、控えめで優雅な贅沢品百貨ハロルドの建築がくっきりとロンドンマーク繊細で美しいマイクロ絵の下で生き生きとして、ありありと文字盤、二階建てバスの数字はちは更にとジャック徳羅ブランドの幸運数字きついきつい吻合。

時計店としてのはじめてのサロンがオープン

 

ラルフ ローレン ウォッチ&ジュエリーは、1967年創業のライフスタイル ブランドであるラルフ ローレンが、リシュモングループと共同で設立した時計会社。2009年に華々しくデビューを果たしてから多くの愛好家の話題を呼んできたが、今年はあらたに、香川県・高松市にあるアイ アイ イスズ本店にて、時計店としては日本で最初となるラルフ ローレン ウォッチのサロンが誕生した。

日本最大級の品ぞろえを誇るアイ アイ イスズの2階は、厳選されたブランドのみが展示される空間。ラルフ ローレン ウォッチのサロンはそこにオープンを果たした。ディスプレイをラルフ ローレンにそろえるのはもちろん、机と椅子もラルフ ローレン ホームコレクションに特別注文し、ゆったりとした空間づくりを心がけた。くわえて什器を同店オリジナルで統一するなど、老舗の時計店ならではの個性も随所に演出している。

«1»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 清水義文