清水義文の小屋

网摘文章を集めて

デザインの幅を広げたセラミックとチタンの融合

「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター ブラックセラミック&チタン」87万円(税抜)/Ref.210.92.44.20.01.001
自動巻き(Cal.8806)、セラミックケース+チタンベゼル&バック、直径43.5mm、ラバーストラップ
昨年の新型「シーマスター ダイバー300M」は、ステンレススチールケースをメインに、チタンケースのモデルが限定で発表されました。このラインナップを見て、少し物足りなさを感じた人もいるのではないでしょうか。

というのも、ここ最近のオメガは、主にスピードマスターでセラミックケースのモデルを連発中。シーマスターも新しくなったとあれば、当然、セラミックケースのバリエーションが出てくるだろう、と思うのが時計好きの性なのです。こうした私たちの考えを、オメガはしっかりわかっていたのでしょう。最新作は、ばっちりブラックセラミックケースを使ったモデルとなっています。

時間を見る以外に、腕時計は何に使えますか?

 時計を遊ぶ人は時計の輪というものについてはよく知らないはずです。腕時計は今の時間を認識できるほか、多くの複雑な機能を搭載しています。これらの複雑な機能の中には、ダイビングの時間を計算することから自動車の速度を測定すること、燃料の供給を測ることから火事の距離を見積もること、経緯度を確定することから世界のどこの場所かを知ることまでの時間……リングで完成できる仕事量は、人々の想像をはるかに超えるものがあります。
時計の輪は腕時計の中で重要な地位を占めています。その種類も多彩です。今日は、時計の輪について簡単に話してみます。いろいろな時計の輪はどう使うかを見てみます。
ダイバーズサークルはみんなよく知っているはずです。ダイバーがダイビングの時間を計算する利器です。ISO 6425規格によれば、ダイビングサークルは一方向に回転し、60分間の目盛を備え、目盛間隔は5分間に細分され、60分間の位置には発光の標識(通常は三角形または菱形)があり、分読数を決めます。

人類初の月周航50周年を記念して、オメガが「月の闇」アポロ8号の腕時計を発表しました。

オメガは独自の工夫を凝らして、月の違った面と面をそれぞれ時計の中に表現しています。文字盤は地球から観測できる月の様子を示しています。表の背には宇宙飛行士だけが見た「月の暗い面」が展示されています。
オメガのビッグマックシリーズ「月の暗い面」の腕時計の陶磁器ケースのデザインはずっと市場で人気があります。新たなビッグマックシリーズ「月の闇面」アポロ8号の腕時計で、オメガは再びブラックジルコニアセラミックをブロックごとに腕時計の殻を作り、計時の針を黄色に塗って、速度の目盛りと表冠を測定してSuper-LumiNova夜光コーティングを施しました。腕時計の黄色と黒の衝突色はベルトにも広がり、黒の革のベルトの中には黄色のゴムの材質が工夫されています。
時計の背もたれに転写された「WE'LL SEE YOU ON THE OTHER SIDE」という言葉は、アポロ8号の操縦士ジム・ロウェルによるものです。当時、アポロ8号は月の闇を巡って、人類がこれまで見たことのない謎の半球を探っていました。宇宙船と地上制御センターが無線で連絡を失う数秒前、ロウェルはこの有名な言葉を発した。

暖かい冬の日に、オメガの季節のあいさつをします。

 オメガの星座のシリーズはブランドの悠久の女性の腕時計の表の歴史の中の光り輝く貴重な宝物を称することができます。星座シリーズの視認性の高いデザイン要素には、有名な「爪」のデザインや半月形の切断面などがあり、消費者に人気があります。オメガ星座のシリーズは臻天文台の小さい秒針の腕時計まで27 mmの赤色の18 Kの金の時計の殻を採用して、ダイヤモンドの輪を塗ることを組み合わせて、白色の真珠の雌貝の文字盤は10枚のダイヤモンドの時間の目盛りを象眼します。小さい秒針は9時の位置に置いて、4つのダイヤの秒針の目盛りをはめ込みます。赤色の18 K金の時計のチェーンは砂のチェーンと研磨のチェーンがあります。オメガ8705から臻天文台までの秒針のムーブメントは腕時計の正確な走行時間を提供します。
2018年はオメガ海馬シリーズ300 m潜水表が登場して25周年になります。誕生以来、この世界的に有名なダイバーズウオッチは専門のダイバーと有名な工作員ジェームズ?ボンドの信頼を勝ち取りました。今、オメガは革新的なデザインと精緻な細部を融合させ、新たな海馬シリーズの300メートル潜水表を作り出します。
新しい海馬シリーズ300メートルの潜水時計の殻の直径は42ミリで、精鋼とSedna®18 Kの金を使って作って、経典の海馬シリーズの300メートルの潜水時計のチェーンを組み合わせます。ブラックセラミックのドーナツはOMEGA Cragold®技術によって作られたダイビングの目盛りで飾られています。ブラックセラミックスを研磨し、レーザー彫刻技術で波紋模様を表現しました。腕時計はオメガ8800から臻天文台のムーブメントを搭載し、精度、反磁性、全体性能の向上を実現しました。

新しい自家製ムーブメントを備えたタグ・ホイヤーモナコウォッチ

2019年を通して、スイスのアバンギャルドな時計ブランドであるタグ・ホイヤーは、世界中で数々の壮大なイベントを開催し、伝説的なモナコ時計の誕生を祝うために、いくつかの特別版時計の傑作を発表しました。 50周年。モナコシリーズの時計の最新リリースは、外観デザインが更新およびアップグレードされただけでなく、より高度な技術を使用しており、ブランド独自のムーブメントを備えた半世紀の歴史の最初の時計です。

 タグ・ホイヤーモナコ(モナコシリーズ)時計、新しい自家製ムーブメント、アバンギャルドな先駆的な時計製造業界の情報をリード1

感謝祭の始まり、エレガントな前進、フィヤは感謝祭のためにアランと一緒に見ます

人生の楽しさは経験と未知にあり、何千もの帆を体験し、夢を収穫する喜びは酔わせますが、無関心で無謀であることの孤独は、大切にし、記憶する価値があります。世界は日々変化していますが、人生の道は予測できませんが、私たちが信仰に固執し、元の意図を決して忘れないことは、前進する意味と夢の礎です。歌手であるアランと同じように、彼女はキャリアの谷と栄光を経験してきましたが、彼女は常に音楽に対する本来の愛の心を持っています。 。サンクスギビングデーが近づいてくると、Fiyta Heartstring Series星空ウォッチは、時間の名のもとにアランと手を結び、元の心を持ち、人生の道に勇敢な真の女性を紹介します。

市民花華風音シリーズテーマツアーが上海駅でエレガントにオープン

12月の上海では、渦巻く流れる雲が寒くて静かな空を反映していました。今年の終わりでも、厳しい寒さで人々が集まり、美しい熱意を分かち合うことを止めることはできません。シチズンは今月9日から15日にかけて、新世界の大丸百貨店で開催されたテーマツアーイベント「華Drive風陰」シリーズの女性用時計を「自然に駆け巡る」テーマツアーイベントに招待しました。のんびりとのんびりとテイスティングのコレクション、すばらしい豊かなメンバーシップスペシャル、人々は女性の本当の自然の美しさを余すことなく感じることができます。

モーリス・ラクロアのノウハウが詰まったコレクションの新作

モーリス・ラクロアにスクエアホイール機能を搭載したモデルが誕生して以来、「マスターピース」コレクションは、同ブランドの開発力と技術力、そしてオリジナリティの証とも言える位置付けにあります。

そこには、スイスのクラフトマンシップ、革新的な時の表現方法、伝統的な時計製造が融合しており、まさに“モーリス・ラクロアのすべてのノウハウ”が集約されたコレクションなのです。

今回の新作は、時計の顔ともいえる文字盤の美しさが最大の特徴です。シルバーにブルーの美しいコントラスト。スクエアホイールとレトログラード表示の背景には「クル・ド・パリ装飾」が施されています。

IWC「パイロット・ウォッチ・ダブル・クロノグラフ・トップガン・セラタニウム」 

まず、2000年にシャネルがセラミックの使い方を大転換。従来の実用性重視から脱却し、 巧みにデザインに取り入れました。2005年には、ロレックスが色褪せしにくいエバー ローズ ゴールドを発表し、パテック フィリップはシリコン製ガンギ車を開発。異素材ミックスを志向したビッグ・バンの登場もこの年でした。2007年にはオー デマ ピゲが世界初のフォージドカーボンケースを作りました。

他社と差別化する意味もあって、新素材の開発は現在も続いています。今年発表されたIWCのセラタニウムや、ここ数年いくつかのブランドから登場したブロンズケースはその代表格といえるでしょう。 機能性、実用性、審美性を高めてくれる新しい素材は、ユーザーにとっても魅力が大きいものです。

外装やムーブメントなど 適材適所で使い分けも

シャネル「J12」 63万7200円/Ref.H0685
2000年発表のシャネル初の機械式時計にして、現在まで続くロングセラー。“硬い”“軽い”というセラミックの実用面だけでなく、非金属でありながら光沢を持ち、素材内部から醸し出す艶やかな美しさを外装に採用し、時計界を驚嘆させた
IWCが時計ケースに初めてチタンを使ったのは1980年のことです。1986年にはIWCとラドー が、それぞれセラミックケースを作りました。昭和から平成に変わった当初は素材がらみの話題も少なかったですが、世紀末になって一 気に素材革命の波が押し寄せました。 

ランナーの要望に応える「薄さ・軽さ」と「見やすさ」を実現

すべてのランナーに求められる「薄さ・軽さ」を追求したソーラーウオッチは、ストラップにシリコンのようにしなやかに腕にフィットする柔らかさでありながら、引裂きに強いポリウレタンを採用し、快適な着け心地を実現しています。大画面で整理されたパネルレイアウトで判読しやすく、夜間トレーニング時などに活躍するタップ方式のLEDバックライト付き。時計本体を叩くと液晶が点灯します。発汗や突然の雨でも気にせず使える10気圧防水のため安心です。

両モデルとも、数量限定ならではのカラー液晶やスペシャルBOXに加え、裏蓋に両選手のサインを刻印しています。プラスチックケースのサイズは、縦45×横43.7㎜(厚さ8.5㎜)。7月6日発売予定。

航空計器からクルマファッションにまでフィールドを拡大中

BR 03-92 MA-1 Ref.BR0392-KAO-CE/SCA 54万円(予価) 6月発売予定/世界限定999本
米国空軍の1968年製MA-1にオマージュを捧げる新作。このフライトジャケットのように、ストラップはオレンジとカーキの両面リバーシブル仕様だ。ケースとベゼルのセラミックは、難度の高いダークカーキに発色を整えた。直径42mm。100m防水。自動巻き

ダイアルはサンドイッチ構造。型抜きにより、下部プレートのオレンジ夜光が見える仕掛け
“陸・海・空”という3つのテーマから20型を越える新作を発表し、底知れぬ創造力を見せつけたベル&ロス。例えば、もともと救命ツールだった「MA-1」は、その後ファッションアイコンとして世の中に定着したプロの装備品です。コックピット計器をモチーフにして飛躍した同社ですが、BR 03-92 MA-1は、その先を見すえた新作といえます。また今年、ベル&ロス ジャパンを設立し、これまで以上に日本市場への積極的な展開が期待されます。

磨き抜かれた技の結晶、年差±1秒の光発電時計、誕生

ザ・シチズン AQ6010-06A 194万4000円 今秋発売予定 世界限定100本
昨年発表した年差±1秒のエコ・ドライブ ムーブメントを搭載。LIGA工法(微細構造物形成技術)により部品を高い精度で加工製造し、歯車のわずかな遊びも制御した。18KWGケースとアイボリーダイアルのシンプルな美しさが、秒針の刻む1秒1秒を際立たせる。直径37.5mm。5気圧防水。クオーツ
電波受信などに頼らず、時計の内部機構だけで年差±1秒を実現することは、時計の本質を追求するシチズンの強い意思の表れともいえます。衝撃検知機能や針自動補正機能、耐磁性も備えた昨年発表のエコ・ドライブ キャリバー0100を、ついに実機に搭載しました。落ち着いたシンプルな外装デザインも好評で、3型はいずれも数量限定のため争奪戦は必至。また、プロマスター30周年を記念して陸海空から発表された3モデルも話題です。 

1970年代に発表されたモデルのデザインとスペックを継承

「レイダー・シースカイ」は、ファーブル・ルーバの歴史を継承する代表モデルのひとつであり、高い防水性とクロノグラフを両立した「プロフェッショナルのための実用計器」です。デザインとスペックは、1970年代に発表された「シースカイ セカンドモデル」を継承。優れた視認性を発揮する「大きなインデックスと独特の形状の長短針」や曲線とのコントラストが美しい「14角形の風防リング」、さらに堅牢さの象徴である「クッションケース」を備えています。さらにそのディテールは、現代の技術によって洗練されたものとなっています。

コントラストが映し出すのは「レトロフューチャー」!

ファーブル・ルーバの人気モデル「レイダー・シースカイ」。今回ニューカラーとして、イエロー文字盤とオレンジ文字盤が加わります。どちらもブラックのインダイヤルが、クールでスタイリッシュな印象を演出しています。

これは現行モデルのデザインに影響を与えたセカンドモデルが発売された1970年代によく使われていたカラーリングを、現代にリファインしたもの。スポーティーなフォルムの上で織りなす「鮮やかな色彩」と「ブラックのインダイヤル」のコントラストが映し出すのは、20世紀半ばに人々が描いた未来像「レトロフューチャー」です。

モンブラン「モンブラン 1858 モノプッシャー クロノグラフ リミテッドエディション 100」

 モンブランが傘下に収めた名門ミネルバが、1920年代に製作したモノプッシャー式クロノグラフへのオマージュを込めました。グラデーション仕上げのグリーンダイアルに合わせて、レザー1本同系色に。ベージュ色の夜光塗料でヴィンテージ感も高めています。世界限定100本。手巻き、SSケース、ケース径40㎜。大きなテンワやブリッジ、穴石を使うことで、見栄えよく仕上げたCal.MB M13.21。

多様化するビジネスファッションにも適応する新生ダイバーズ

鹿児島店 浅山店長:パネライは、その個性的なフォルムやビッグケースからビジネスウオッチとしては候補になりにくかったのですが、新作「サブマーシブル 42mm」はそのイメージから脱却する1本です。近年、“ビジカジ(=ビジネスカジュアル)”というキーワードが出てきたように、スーツまたはジャケットにノーネクタイ、リュック、スニーカーといった、柔軟性のあるスマートなビジネススタイルが浸透しました。この時計はそんな時代にこそ相応しいデザインで、パネライらしさも受け継いでいます。ブラックカラーが人気ですが、ベゼルとラバーストラップがブルーのグレーバリエーションも売れています。 

大幅なパワーリザーブの向上がスピットファイア人気に火をつけた

京都店 岡本店長:その分野では、IWCの「パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア」がリアリティのある価格と高機能でお薦めです。既存の3針式マークXVIIIはパワーリザーブが42時間ですが、新作スピットファイアは自社キャリバーを採用して72時間まで伸びました。お客様にこの差を解説すると、やはり長い方を選ばれますね。デザインはクラシックというよりもミリタリー感を強めて、ケースは程良いサイズにしています。スーツの袖口にも収まりが良いので、ビジネス利用の方にはストラップはNATOではなくレザーをご紹介しています。IWCというのは、つくづく気の利くブランドだなと実感させてくれる時計ですね。 

つねにデザインの最先端を走るウブロはオーリンスキーが早くも定着

和歌山本店 出水店長:いま話に挙がったウブロは、スケルトンウオッチを流行らせた第一人者です。そんなトレンドを引っ張るウブロが新たに提案するのが、フランス人現代アーティストのリチャード・オーリンスキーとのコラボレーション。昨年からスタートしましたが、その人気ぶりは驚くほどです。オーリンスキー作品に通じるエッジの効いたファセットデザインとスケルトンダイアルで、トレンドを凝縮したようなモデルといえるでしょう。今年は日本限定の「アエロ・フュージョン クロノグラフ オーリンスキー チタニウム ホワイト」が登場し、フェラーリやベルルッティのコラボと同じように定着しそうです。 

好みや着用シーンに合わせて豊富なバリエーションから選べる

存在感抜群の48mmサイズから、日本で人気の高い43mmサイズまで展開する新アベンジャー クロノグラフ。ギャラリー(ウオッチナビサロン本サイトでのみ表示)で紹介したように、クロノグラフだけでも10種類以上がラインナップする。いずれもインデックスと針にスーパールミノバ蓄光塗料を塗布して暗闇でも優れた視認性を発揮するほか、信頼性の高いキャリバー(ブライトリング13)を搭載するなど、実用性に長けている。また、ストラップは新たにミリタリーレザーストラップが設定され、通常の革ストラップとは異なる雰囲気を獲得。嗜好や着用できる場面の幅が広がった印象だ。さらに3針式やGMTモデル、リミテッドエディションも同時に発表された。それらについては、後日詳しく記事にする。 

空の冒険家に欠かせないパートナーとして生まれたパイロットウオッチ

ブライトリングと航空分野の繋がりといえば、主として1930年代までさかのぼる。1940年代までにかけては航空機の要となるオンボードクロックなどを提供し、1950年代から1960年代にかけては多くのパイロットたちに「ナビタイマー」が愛用されるなど、どの時代でも航空界の信頼を勝ち取り、空のイメージを定着させてきた。

空を知り尽くすブライトリングは、アイコニックで伝説的な「ナビタイマー」、かつて製造していた軍民両用のコックピット計器をモチーフとする「アビエーター 8」、そして今回リニューアルされた「アベンジャー」がパイロットウオッチとしてラインナップしている。いずれも航空時計の進化を示す存在で、「アベンジャー」は現代の空の冒険家をサポートするモダンなデザインと機能を有するコレクションに位置付けられている。

わずか30分で目標金額を達成した注目作

新しいテクノロジーや新製品への感度が高いユーザーを抱えるCCC(TSUTAYA)グループ運営のクラウドファンディングサイト、「GREEN FUNDING」に、シチズンは6月中旬から「エコ・ドライブ Riiiver」を出品し、併せて先行販売を開始した。すると、クラウドファンディングではわずか30分で目標金額150万円を達成し、その後も支援額は増え続けて最終的に過去最高の総額1億円を超えるに至ったのである。支援者へのリターンとして用意した「エコ・ドライブ Riiiver」の在庫は、完売となるほどの好評ぶりだった。

ブライトリング×スイスエアフォースチームの絆から生まれた限定ピース

大空を舞台に、目もくらむようなフライトパフォーマンスで世界を感嘆させるスイス空軍の曲技飛行隊「パトルイユ・スイス」。その創立55周年を祝して、関係が深いブライトリングは新アベンジャーをベースとする「アベンジャー クロノグラフ 45 スイスエアフォースチーム リミテッド エディション」を、希少な550本限定でリリースする運びとなった。

「パトルイユ・スイス」とは、1964年にスイス空軍が優秀なパイロットを選抜してつくった伝統的なエアロバティックスチーム。現在は音速ジェット6機のチーム編成となっており、スイスをはじめヨーロッパ各国の上空でパフォーマンスを披露している。

«910111213141516171819202122232425262728293031»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 清水義文