清水義文の小屋

网摘文章を集めて

記録光陰飞亚达カメラマンシリーズ腕時計が素晴らしい景色

 飞亚达カメラマンシリーズ2014年新型腕時計、経典白黒灰色を少し赤い。全体的なスタイルはレトロカメラを連想させる。ずっと以来、飞亚达注視写真文化、探求と時間に関するすべて。そのため、飞亚达設立時勲章賞は、業界の有名人と共同選考、あれらの守る夢はずっと専門奨励進取のカメラマン。
ブラック特殊内影圏デザイン、霊感はカメラレンズエッジのキャラには。1、5、9時位の3つの線、カメラレンズ上の。盤面採用ストレート砂技術、機械金属の質感を増やす。設計上、ダブル円環構造を採用し、アラビア数字を灰色の円環内に嵌、カメラレンズの立体効果を呈する。小型のレトロカメラが腕に装着するように。カメラマンシリーズの古典デザイン、底にカメラレンズ形態、生活の洞察、脈打つ鼓動の脈拍。
この腕時計、あなたは冷静と叡智と感じて、しかしそれは澎湃の1種の芸術感と情熱、それはブランドが撮影文化の参悟に源を源です。優れた腕時計の技術の製作、深い文化の瀋積の撮影、一枚ずつ飞亚达カメラマンシリーズの腕時計はすべて1つの腕のタイムカプセルが付き添って私たちの人生、記載の点滴、銘記過去はあっさり滯在。

雷美诺時(Luminox)アザラシ突撃隊専用腕時計4200シリーズ

 ANUは「AuthorizedためNavy Use」(「海軍専用」)の略。第二次世界大戦時各国は戦争を海に移していた。すべての装備が最も安全と信頼性、すべての潜水用具は一連の軍内部テスト、いかなる天候の変化及び極端環境の下ですべて優秀な性能を保持することができます。すべての内部のテストの潜水器具も印に「ANU」と、任意の装備がリストには獲得を採用しない。だから「ANU」みたいには、自信の保証、雷美诺時Luminoxのこの項腕時計も海軍専用マークが印刷され、と名付けられANU 4200シリーズ。

大都市のスタイルDKNY 2014秋の腕時計

 ファッションショーや都市街、黒は永遠にニューヨークの客らが最もほれこむの経典色になり。今季、黒と対比の精緻工芸と、意外なテクスチャーの構造と組み合わせ、新しいレベルの魅力を呈する。BeekmanとBryant Park腕時計シリーズの光るうどんや最新アルバムの訴えましChain腕時計で、いずれも見せてDKNY鮮やかなと優雅。
ピンクゴールドのメッキまぶしい、ファッションや時計を究極経典クールまぶしく刺すの形。銀色の精鋼ブレスレットや時計の鎖のように美しい腕時計のライトのように輝いているように、またまるでネオン燈した都会の夜空。DKNY生まれ育ちはニューヨーク、エネルギーと態度に満ちている。まるでこの町自体が、DKNY自信また独立独歩。あなたの専属魅力を制造して。

歴史が長くてEternaエテルナグレイスシリーズの腕時計

 20世紀初頭、綺年月からは女史腕時計のデザインと制作に取り組んでいる。セレブな多くのスターも曾是绮年月パンパンの忠実なファン、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)と吉娜・ローラ卒業ジッダ(Gina Lollobrigida)用Eternaエテルナ腕時計を引き立てて彼女たちの絶世芳華。エレガントに面白くて、世界各地で女性は優雅と高尚な追求は、Eternaエテルナ長い努力の源泉。
1976年、Eternaエテルナ萨伊達(Sahida)シリーズのシンプルなデザインと時代感の浮き彫りにされ、当時の女性の愛顧。さんじゅう年ぶりの今日、Eternaエテルナ新しいグレイスシリーズを通じて、より広い市場を再び示す設計エキス。新シリーズは8個のデザインで、その中3項は自動的に機械の腕時計、5項は水晶時計。滑らかなケースライン、清浄な設計元素、グレイスシリーズの一項ごとに腕時計も瞬いているブランドの歴史の上で経典パンパンの新しい風採。
Eternaエテルナのレディース腕時計はいつも特性、独創性。上世紀初頭に、Eternaエテルナ女性しなやかな腕を設計するの装着さ臻品:1930年代の世界で一番小さい矩形腕時計Eterna精Baquette、1960年代23K金振り子陀の「黄金の芯」Eterna機械パンパンMatic Golden Heart…。.バランス、腕時計の核心技術は表、もEternaエテルナグレイスシリーズのインスピレーションの源。
美学の元素は各版代でうまく分配を装着者の選択の上の情趣。一枚ずつグレイスシリーズ腕時計も散りばめトップ威塞尔頓ダイヤモンドを問わず、選択ベルトや链带、黄金や精鋼材質はリボン、ぽつぽつと腕の間で、時間が流れ、ロマンチックに戸惑う中、装着者を感じていEternaエテルナグレイスシリーズの微妙な魅力。

Eternaエテルナ新しいAdventicGMTアーヴィング迪シリーズ

 文字盤、造型、研磨プロセス……どんな点から見ても、感じることができるEternaエテルナAdventicGMTアーヴィング迪シリーズの優雅さを放つ。経典の中央に配置に結び付け分針、さん時位置の日付窓、ろく時位置のポインターGMT第二のタイムゾーンの表示や、きゅう、く時位置の小さな秒盤経典清新で見て、すべての機能も通じ表冠に調整。デザイナーをたくみに五珠ベアリングに滑る軌道保留直径42mmのケースくらい2題を経て、光沢と質感曳糸交わる磨き、繊細な。また、新しいAdventicGMTアーヴィング迪シリーズは表面上で新しい物質で、文字盤の上のリング型のラインをシンプルな文字盤をレイヤー感と、白と黒の文字盤を中心に強烈な対比を形成し型格、ファッション、ブランドと専属の五ボールマーク同士に呼応して、更に会って尊い。
というブランド「五球」というコンセプトの起源、言及Eternaエテルナは、1948年の重大な発明、低い摩擦ボール型軸受自動盤システム(Eterna-Matic)。この発明は、5個球型軸受、自動盤の耐久度を高めることを指している。Eterna-Maticの登場は、表壇の技術の発展に重要な1ページを書いて、「五」以来となったボールもEternaエテルナマークの記号。
EternaエテルナAdventicGMTアーヴィング迪シリーズは古典的なデザインを呼び起こすEternaエテルナ1960年代にはブランドの百週年記念式典で発売した薄型メンズ腕時計Centenaireの思い出、デザイナー、ケースの線、文字盤の配置は加入して現代の美学の気持ち。新しいEternaエテルナAdventicGMTアーヴィング迪シリーズに備えて2バージョンを選択できる:ステンレスケースと白やブラック文字盤(小秒盤はいずれも白/黒)や、黒と白ワニ皮バンドやブラック文字盤(小秒盤はいずれも白/黒)、すべての機能に通した表冠操作。

ブレゲ経典二つのタイムゾーンの腕時計「北京時」記念モデル腕時計

 ブレゲ時計ですべてのシリーズの中で、最も直接Classiques経典シリーズを体現したブランドの伝統的価値観と完璧なタブ芸、このシリーズは200年以上の歴史を完璧にブレゲ伝承、それらのシンボル的な特徴が影響した高級腕時計制作史。2011年バーゼルブレゲ時計展が初めて発表されClassique 5717 Hora Mundi経典シリーズのタイムゾーンの腕時計、ブレゲ経典シリーズの精髄を演繹し。この項表は貴重な材料で作ら:18金やプラチナバラ950。は、アメリカ州、ユーラシア大陸あるいはアジアと大洋洲---分表世界の1つの境界、6種類の型番。時計の文字盤は同モデルで中央の藍鋼ブレゲ針の現在の所在指示タイムゾーンの時、分、秒、じゅうに時位の日付表示ボックスが同期さんが日の日付読取り。文字盤の下に隠している円環のマイクロ逆行の針の時のIM框框框框框、24時間の週期として、24時間でゆっくりと。当日の日付は左と右のかすめるの日付のウィンドウの後、円環の逆行の針は自らが窓の左側にリダイレクト、同じペースで新生の日のことを引き続き続けます。
ブレゲチーム三年間かけて設計、開発と完全にこの復雑な腕時計、この時計の最も代表的な試みはその瞬間ジャンプのタイムゾーンの表示システムで、このシステムは同期日付表示、昼/夜と都市の指示に機械表にとっては、世界で初めて。この機能を簡単に2つの予选旅人読み取りタイムゾーンの時間、ボタンを押すだけでできる時、邪魔のない場合は瞬間からタイムゾーンへの切り替えを別のタイムゾーン。秒を確保することができてシステムを設定する過程の中に正確に変更時、タイムゾーンに影響しない時間を通じて、しかも「追跡システム日付カレンダー実現」と同期日/夜指示。最新アルバムのClassique 5717 Hora Mundi経典シリーズのタイムゾーンの腕時計「北京時」記念モデルを通じて、ベゼル24タイムゾーン代表都市に入れやハイライト表示「BEIJING」(北京)、広大な中国時計ファン、常に中国への旅行者にもっと便利にサプライズと。
中国は5千年の文明歴史を超えて、四つの発明を含む多くの偉大な発明の深遠な影響は、人類の文明史に影響している。ブレゲそのブランドの歴史の中で200年以上も同じ革新で発明で有名で、そして近代史ヨーロッパ表、ひいては近代文明史に殘る不滅の印。ブレゲClassique 5717 Hora Mundi経典シリーズのタイムゾーンの腕時計「北京時」の発売記念モデルだけでは満足のために中国の時計ファンのニーズに、中国の悠久な歴史文化と偉大な創造精神の礼を尽くす。

ショーメ初のスポーツウォッチを新解釈

 

1998年に誕生したスポーツウォッチ「クラス・ワン」は、世界で初めてステンレススティール、ダイヤモンド、ラバーを組み合わせた独創性あふれるデザインで革命を巻き起こしたメゾンのアイコンウォッチ。

このたび登場する新作では、水の形や動きを捕える作品を手がけるロリス・チェッキーニとタッグを組み製作。流れる水の揺れを表現した自身の作品「ウォールウェーブ バイブレーション」からインスピレーションを得て、ユニークでエレガントなモノクロの「クラス・ワン」を誕生させた。

男が愛するクルマと腕時計のデザインの共通点

 

G-SHOCKは誕生してから30年を超えて、現在では、世界からも耐衝撃プロダクトウォッチとして高く評価されている。そんな日本が誇るG-SHOCKに潜んでいる魅力を、カーデザイナーの服部 幹氏とG-SHOCKチーフデザイナーの後藤敦司に語っていただいた。

服部 幹(以下、服部) 私は、カーデザインの世界にこれまで携わったきたのですが、腕時計のプロダクトデザインには、独特な難しさを以前から感じています。実際の製作現場については、どうなんですか。

後藤敦司(以下、後藤) たとえば、G-SHOCKを代表するフラッグシップモデルでもあるMT-GやMR-Gの場合、少しでも妥協すると中途半端になってしまうので、コストや手間のことは気にせず、パーツひとつにもこだわり抜いています。メタル素材の良さを前面に打ち出すため、G-SHOCKにしては過度な緩衝材を排し、強さと美しさという、ある意味相反するものの融合を追求したMT-Gは、いわば “引き算のデザイン”。

イタリア・デザイン界の巨匠、エットレ・ソットサスとのコラボモデル復刻

 

セイコーから復刻した限定コレクション「セイコー X ソットサス・リミテッド・エディション」は、’90年代にイタリア・デザイン界の巨匠、エットレ・ソットサス氏とセイコーとのコラボレーションから生まれた傑作モデルがベースとなっている。

ソットサス氏はイタリアの建築家兼デザイナーで、イタリア初のコンピューターELEAシリーズ、ポータブルタイプライター「ヴァレンタイン」など、数多くの優れたプロダクトデザインを生み出したことで知られる。

コレクションでは当時の印象に限りなく近りなく近づけるため、シンプルなケースに2枚ガラスを重ね合わせたシャープなフォルムを再現。ガラスの裏面に数字や目盛りなどを印刷し、表示が立体的に浮かんで見える斬新なデザインが大きな特徴だ。

飽きのこないシンプルムーンフェイズ考え抜かれた端正なデザイン

 

ヴィルレとル・ロックルとふたつの時計工房を持ち、超複雑時計をゼロから開発・製造できる体制を整えて本格時計ブランドへと、驚異的な躍進を遂げたモンブラン。

インク式の記録装置を持つクロノグラフの発明者であるニコラ・リューセックの名を冠した「ニコラ・リューセック」コレクションを筆頭に、コンテンポラリーなテイストの「タイムウォーカー」、クラシックなテイストの「スター」、さらに複雑時計コレクション「コレクション ヴィルレ 1858」と多彩な製品を展開している。2014年はこのコレクション・ラインナップに、新たに魅力的なコレクションが加わった。

創設者の魂が宿るコンプリケーション

 

現代を代表するスゴ腕時計師のひとりロジェ・デュブイ氏が1995年に創立。ダブルフライングトゥールビヨン機構に象徴される機械式メカニズムの究極を追求すると同時に、斬新なデザインで高級時計にあらたな地平を拓く新進ブランドとして、時計愛好家から熱狂的な支持を集めてきたロジェ・デュブイ。

2009年にリシュモン傘下となってからはブランドコンセプトの再構築とコレクションの全面リニューアルに着手。現在は「エクスカリバー」「モネガスク」「パルジョン」「ベルベット」と、デザイン的にインパクトのある4つのコレクションを、映画的なコンセプト、イメージビジュアルと共に展開し、時計愛好家に加えてアクティブで個性的な男女にとって見逃せない時計ブランドになっている。

コンセプトは、常に進化しつづける近未来の“TOKYO”

 

グローバルに活躍する現代人に向けた「セイコー アストロン」は、地球上の全タイムゾーンに対応。ソーラー充電方式で駆動する世界初のGPS腕時計だ。クオーツに次ぐ、腕時計史の第2の革命を推進するアイテムとして、現在世界約50か国で高い評価を受けている。

このたび登場した最新モデルでは、白をベースとした都市コード表示部に赤文字で「TYO」(東京の都市コード)を配し、白のレザーバンドにはアクセントとして赤を採用。日本をイメージさせる白×赤のカラーリングが印象的だ。また、アート作品を思わせる美しいドーム形状のサファイアガラス、ミラー仕上げのケースや幾何学的なダイヤルデザインが、スタイリッシュでモダンな都市空間を演出。フォルムのすべてに近未来の「TOKYO」の世界感を閉じ込め、斬新でダイナミックなデザインを実現した。

プロマスター、伝説のファーストモデルの名を継承

 

1989年にファーストモデルが誕生し、タフでスポーティなデザインと各種センサー内蔵による先進的な機能でヘビーデューティー・スポーツウォッチの定番となった「プロマスター」シリーズ。抜群の品質と信頼性で世界中から支持されてきたこのシリーズは、電池交換不要の光発電エコ・ドライブ駆動モデルが登場するなど不断の進化を続けてきた。

本作と同時に発表された「プロマスター エコ・ドライブ サテライト ウエーブ・エア」とともに、シチズンのあらたなフラッグシップモデルとして生まれ変わる「プロマスター」シリーズ最初のモデルとなるのが、この「プロマスター エコ・ドライブ アルティクロン シーラス」である。

世界最速で宇宙と繋がる時計フルメタルケースでさらに機能アップ

 

標準電波ではなく、もっとも近い場所にあるGPS衛星の日付・時刻信号を受け取り、そのデータを基にすみやかに現在時刻を計算して表示する衛星電波ウォッチとして、2011年のコンセプトモデルとして発表された先代「エコ・ドライブ サテライト ウェーブ」。

本作は、その後継モデルとして発表された同機構を搭載する新作。今回は、コンセプトモデルではなくフラッグシップモデル、つまり製品版としての登場となる。さらに、最短受信時間が約4秒と世界最速を実現した。

前モデルではケースはステンレススティールで、サイドやベゼルにセラミックを採用していたが、このフラッグシップモデルはチタニウムのフルメタルケースながら、GPS衛星からの電波の受信感度が大幅に向上。

オメガ独自のコーアクシャル脱進機を搭載したモデルも

 

毎年恒例の小田急百貨店新宿店の「ワールド ウォッチ フェア」。オメガからは、今年のバーゼルで発表した新作モデルをはじめ、往年の名作ウォッチを披露する。なかでも注目のモデルは、小田急百貨店先行販売の「シーマスター アクアテラ アニュアルカレンダー」。クルーザーのデッキをイメージした立体的な縦ストライプ模様が特徴で、針とインデックスの18金ローズゴールドがさらなるエレガンスを引き出した。

このほかにも、オメガ独自のコーアクシャル脱進機を搭載したモデルなど、メンズ、レディスのコレクションともに幅広くラインアップ。160年のオメガの歴史のなかで、数多く生み出されてきたタイムピースの傑作を手に取ることができるこの機会。歴史と伝統に甘んじることのないオメガのパイオニアスピリットを「ワールド ウォッチ フェア2013」で感じたい。

「フォース10ブレスレット」の新作バックル先行発売や、刻印サービスも実施

 

4月3日(水)から4月9日(火)まで、阪急うめだ本店1階コトコトステージ11にて開催されるポップアップイベント「Colors of the Riviera」では、創業者であるフレッド・サミュエルが愛し、また、彼にとってインスピレーション源でもあった南仏 リヴィエラの優雅な世界観が表現される。

このイベントでは、バックルとケーブルが取り外せ、何通りもの色の組み合わせを楽しむことができる「フォース10」コレクションより、新作バックルを先行発売。ヨットに使用するケーブルと金具をモチーフにしたモダンなデザインが、男女を問わず人気を博しているシリーズの新作がいち早くゲットできる。

ラリーカーに用いられるカーボン素材などを採用し、ラリーの魅力を体現

 

今年1月に南アメリカで開催された“世界一過酷な耐久レース”といわれるダカールラリーのオフィシャルタイムキーパーを務めたエドックス。1979年にフランス人のティエリー・サビーンにより創設されたダカールラリーは、2009年からその舞台をアフリカ大陸からアメリカ大陸へ移し、今年もクルマやトラック、バイクなどすべてのカテゴリーで約740組が参戦し、ペルーからアルゼンチン、チリの横断に挑戦した。

そんな過酷な状況でも耐えうる時計として、またパートナーシップの第二弾として登場した公式時計の「クロノダカール リミテッドエディション」は、現代の最新技術を駆使し、高精度なクロノグラフ機能を搭載。ダイナミックな直径45ミリのブラックのケースには、耐傷性に優れたハイテクセラミックを使用したベゼルやラリーカーに用いられるカーボン素材のダイヤルを採用。さらにケースバックにもラリーを象徴するトゥワレグのロゴマークが刻まれた。

あらたなアンバサダーモデルも続々

 

時計愛好家を虜にする技術的な先進性にくわえ、話題性、希少性もあって世界中のセレブリティの間で“ぜひ手に入れたい腕時計”のひとつとしてさらに人気が高まっているリシャール・ミル。アンバサダーとなった人々が活躍することから、ラッキーチャーム的なアイテムとしても注目されている。2012年は世界5本の限定生産、お値段1個1億4700万円のサファイヤクリスタルケースのモデルで大注目を集めたが、今年も独創的なクリエーションの勢いは止まらない。

2013年は、ブランドの顔ともいえるアンバサダー、テニスプレーヤーのラファエル・ナダルとの最新コラボモデルにくわえ、2012年のイングランド・プレミアリーグを制覇したマンチェスター・シティ監督のロベルト・マンチーニや、元フェラーリF1チームのマネージャーや元フェラーリCEOで現FIA(世界自動車連盟)会長のジャン・トッド、ジャマイカの陸上競技のスーパースターのひとりヨハン・ブレイクなど、あらたにアンバサダーとなったセレブリティたちとのコラボモデルが続々と登場した。

アールデコスタイルのスリム クラシックコレクション

 

2012年にはどのようなウォッチが発表されるのだろうか――時計好きであれば、誰もが楽しみにしていることだろう。今回ここで紹介するラルフ ローレンの新作プレビューでお目見えするのは、スクエア型ドレスウォッチ「スリム クラシック コレクション」。クリーンではっきりとした幾何学的ラインを駆使し、独特の古典性と現代性が共存するアールデコスタイルのタイムピースは、ときを越えたエレガンスを提示。狂乱の1920年代の洒脱な魅力と洗練された趣味に敬意を表し、熟練のダイヤモンドセッティングを組み合わせた豪華なタイムピース2種類の登場となる。

期間限定ショップでは、限定アイテムや新作時計、3Dバッグも販売

 

現在では、大人気の腕時計のほかに、ベルトやウォレット、USBメモリーなど遊び心溢れるラバー素材を使用したアイテムを続ぞく展開するTOO LATE。さらに日本の文化に影響を受け、バッグとして使用できる“FUROSHIKI”などアイテムの幅を広げている。

2011春夏コレクションで大きな話題を呼んだ「MASH UP」からスリムモデル「MASH UP SLIM」が登場。MASH UPよりスリムなフォルムで、文字盤をよりポップに仕上げてバージョンアップ。ゴールドやシルバーの色使いがアクセントになっていて、クリスマスギフトにもお薦めで、シリコンラバーを使用したTOO LATEらしいケースもポイント。

クリスマスコレクションは、きらめく摩天楼の街がモチーフ

 

ミキモト直営店にて、12月25日(日)まで開催されている「MIKIMOTO Christmas Collection 2011」。今回のコレクションは、さまざまな民族や文化が融合する洗練された街、ニューヨークをテーマにした新作ジュエリーが登場。

摩天楼から着想を得たアール・デコスタイルのネックレスをはじめ、雪が舞うセントラルパークの情景を描いたブローチやペンダントなど、ニューヨークの街がもつさまざまな表情がジュエリーとなって輝く。

さらに、動物や植物をモチーフに、「ピクウェ」と呼ばれる伝統技法をあしらったピンブローチも登場。冬の胸もとを愛らしく飾ってくれる。

可憐なピンクゴールドモデルに注目

 

「プロトコール」は“国際儀礼・外交儀礼”という名をもつコレクション。4代目の会長であるイヴ・ピアジェ氏が結んできた、世界各国の王室や大使、セレブリティや芸術家などとの国際交流からインスパイアされて誕生したモデルだ。1963年の誕生以来、40年にわたって人気を博してきたが、今年あらたにピンクゴールドが発売される「ミニ・プロトコール」は従来のプロトコールのサイズをより小さくした、フェミニンでクラシカルなスタイル。ケース径16.6×18.6mmの小さなサイズが、ジュエリーウォッチらしい可憐さをいっそう際立たせているモデルだ。

時計店としてのはじめてのサロンがオープン

 

ラルフ ローレン ウォッチ&ジュエリーは、1967年創業のライフスタイル ブランドであるラルフ ローレンが、リシュモングループと共同で設立した時計会社。2009年に華々しくデビューを果たしてから多くの愛好家の話題を呼んできたが、今年はあらたに、香川県・高松市にあるアイ アイ イスズ本店にて、時計店としては日本で最初となるラルフ ローレン ウォッチのサロンが誕生した。

日本最大級の品ぞろえを誇るアイ アイ イスズの2階は、厳選されたブランドのみが展示される空間。ラルフ ローレン ウォッチのサロンはそこにオープンを果たした。ディスプレイをラルフ ローレンにそろえるのはもちろん、机と椅子もラルフ ローレン ホームコレクションに特別注文し、ゆったりとした空間づくりを心がけた。くわえて什器を同店オリジナルで統一するなど、老舗の時計店ならではの個性も随所に演出している。

«3233343536373839404142434445464748495051525354»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 清水義文