清水義文の小屋

网摘文章を集めて

済南の友達はさいわいしている!オメガオリンピックのテーマ展は国内初デビュー

はオリンピックを前に、オメガ発表したこの名を超霸シリーズ「Rio 2016 Mark II」に腕時計、2016年オリンピックに敬意を表するリオ。

いち.腕時計のインスピレーション源は1969年にリリースした初の超霸シリーズMark II腕時計を経て、スクラブやバフ磨きの精鋼ケースは樽形を帯び、研磨表冠とカウントダウンボタン。

に.平凸形耐摩耗サファイア表鏡の下のつや消しブラック文字盤には3つの小文字盤:さんに位置さんじゅう分のカウントダウン小ダイヤルは、ろく時位置の小さな文字盤ときゅう、くカウントダウンじゅうに時間時位置の小さな秒針小さい文字盤。三つの小さい文字盤それぞれ飾は銅環、18金環とシルバー925の象徴银环――オリンピック競技場の上に授与した金銀銅メダルを制する。

オメガ星展覧上陸亨得利グループ新宇三宝杭州ビル店

2016年ななしち月いち日、杭州、「オメガ星」展は亨得利グループ新宇三宝杭州ビル1階中庭で盛大に開幕店。同展示展示を通じてオメガ(OMEGA)不朽の物語や代表的な時計臻品、見事に現れたブランドの豊かな歴史の伝承と現代発展します;同時、来場者はこのひゃく平方メートルの広大な空間の中に、探索成就オメガブランドの関キー要素。

「オメガ星」展示会のテーマを投影方式で大型の装置を反映し、豊富なテーマはオメガ革新技術、スポーツ精神、海洋探検、空や社会責任など。すべてのテーマを集中さオメガブースも有名な時計臻品や、これらの作品は背後の素晴らしいストーリー。月に登ったことがありますからの有名な超霸シリーズクロノ腕時計、記念オメガオリンピックカウントダウンを正式の時計など、豊富な腕時計ブランドの真髄を十分に展示させ臻品観客の目の前に。

「星オメガ展」栄光上陸シン表行徳に基づく広場の店

ななしち月じゅうご日、「オメガ星」展はシン表行徳に基づく広場の店で盛大に開幕して、この展示会を通しオメガ(OMEGA)不朽の物語や代表的な時計臻品、見事に現れたブランドの豊かな歴史の伝承と現代の発展。一人一人の参観者でも約ひゃく平方メートルの広大な空間の中に、探索成就オメガブランドの文化や至臻工芸。

同日午後、私たちは心からの誘いました私たちのVIP顧客、お忙しい中にご光臨#オメガ2016 Rioオリンピック限定版鑒賞会#腕時計。私たちは特別に今回の活動を設計したオメガカスタム授業、現場カスタム個人専属日時計芸術品。

IWC万国最新パイロットクロノトップ追いかけていら時計の針

先日終瞭のスイス表展で、IWC万国が発売された最新パイロットクロノトップ追いかけていら時計の針。この最新のカウントダウン腕時計黒を基調に、設計する風格の姿とは、究極の任務を執行のための表項。その名は「アメリカ海軍空戦エリートから戦闘機のパイロット訓練学校」のトップエリートいら飛行。まさに「アメリカ海軍戦闘機のパイロット訓練学校」の空中戦のパイロットは、パイロットのエリートの割り前。トップが刻まれていらマークのIWC万国パイロット腕時計、1枚の堅ない開催の飛行表、金も航空操作性の最高の時計。継2007年発表の追針クロノ腕時計トップいら表の後、パイロットクロノグラフモデル自動入れ。

オメガ海馬シリーズNZL-32クロノ腕時計

アラブ首長国連邦航空を記念ニュージーランド隊の戦歴を示しオメガこの精鋭チームとして指定カウントダウンの輝かしい、オメガ特別発表海馬シリーズ新型NZL-32クロノグラフ。1995年から獲得アメリカ州杯ヨットレースチャンピオンのNZL-32帆船のため名声を得たオメガ海馬シリーズ最新NZL-32クロノグラフ、というよりはさらに深まってオメガ名人大使、ニュージーランド隊船長ディーンバック(ディーンBarker)の協力。

オメガ海馬シリーズNZL-32クロノグラフ集優雅な外見と強力な機能を一身。この杯をアメリカ州ヨットレースで特に優れデザインの腕時計、正確度自然はもちろん、読み取り精度はいち/はち秒の時間。オメガ海馬シリーズ新型NZL-32クロノグラフの設計の美学と時間読み性能の力を臻完璧させ、きっとアメリカ州杯ヨットレースのファンでも多くの人の愛する物。

オメガは「北京オリンピックは毎日限定版」腕時計

先日、スイス有名な時計ブランドOMEGAオメガに北京で行われた「2008年の北京オリンピックの毎日の限定版」の腕時計内覧会。

OMEGAオメガ「2008年の北京オリンピックの毎日の限定版」を記念して腕時計はオメガ北京第29回オリンピックでの導入特別の頂点に、この項腕時計はオリンピックの開幕日2008年はち月はち日からはち月24日の閉会期間中に発売、毎日わずか88だけ発売。本日からからななしち月にじゅう日、オメガ中国地域内のすべての旗艦店をこの項腕時計の前売り。

OMEGAオメガ「2008年の北京オリンピックの毎日限定版」は1項の海馬シリーズの腕時計、そのデザインセンスはさかのぼってオメガ1956年に発売した「海馬じゅうろく」記念表項(Seamaster XVI)。1956年、オメガにメルボルンで行われた第じゅうろく回オリンピック大会を記念としオメガ1957年オリンピックの指定のカウントダウン25週年志庆、特別の発表した「海馬じゅうろく」記念表項(Seamaster XVI)。

加速する自社開発 すべては〝リシャール・ミル〟を形にするために

リシャール・ミルで研究開発と設計を担うサルヴァドール・アルボナ氏は言う。「当社のムーブメント開発は、リシャール・ミル氏の意向により、モデルごとにひとつのムーブメントを開発することになっています」。同メゾンが創業以来、わずか15年でここまでの評価を得るに至ったのは、ミル氏の独創的なコンセプトと、APルノー・エ・パピなど、外部の優れたムーブメント開発メーカーとのタッグの賜物にほかならない。こうしたファブレスな開発にあっては、ひとつひとつのムーブメントが〝特注品〟のようなもので、「モデルごとにひとつのムーブメントを開発する」のは当然で、むしろ、そうしなければ、これまで同メゾンの名声を築いてきた名機たちは誕生しなかっただろう。だが、リシャール・ミルはこのやり方を、自社開発ムーブメントにおいても採り入れているのだ。

世代を超えて夢をつなぐオーデマ ピゲ ミュージアム

2018年にリニューアル予定のオーデマ ピゲ ミュージアム。その目玉になるであろう時計が、1899年に完成した「ユニヴェルセル」である。部品点数1168点、永久カレンダー、ミニッツリピーター・カリヨン、グラン&プチソヌリ、スプリットセコンドクロノグラフ、リセット機構付きの5分の1秒フドロワイヤント、デッドビートセコンドにアラームと、当時、実現可能な複雑機能をほとんど併載した本作は、グランドを超えたウルトラコンプリケーションであった。


 エボーシュを製造したのは、19世紀屈指の時計師として知られるルイ=エリゼ・ピゲ(1836〜1924年)。ルクルト

[ブレゲ・マニュファクチュール探訪]冷静と情熱が出会うところ

ジュネーブから車で約1時間。標高1000m以上の峠を越えて坂を下ると、いきなり渓谷に出る。高級時計の愛好家にはよく知られるジュウ渓谷だ。この谷を北東方面に進むことさらに約20分。少し開けた盆地の中心に、「東」という名の集落ロリエントがある。スイスの至る所で見られる小さな村だが、目抜き通りには、似つかわしくない巨大な建物がそびえている。これがブレゲ・マニュファクチュールである。かつてはムーブメントメーカー、ヌーヴェル・レマニアの本社兼ファクトリーであったが、スウォッチ グループによる買収後、同グループのブレゲに吸収された。これまで、周囲の生産設備を集約することで、規模を広げてきた。約2万㎡以上の床面積と、850人以上の従業員数は、この地方でも有数の規模だ。

陸上で伝わりやすい魅力

次は編集部の我々が陸上で検証する番だ。テストウォッチには、湖水の中というハードな環境で使われた痕跡がほとんど感じられなかった。しかも、ウェットスーツの袖にはファスナーがあり、その上からテストウォッチを巻いていたので結構擦られていたはずなのだが、ケースにもブレスレットにもごくごく微細な傷しか見当たらなかった。むしろ、陸での日常的な環境のほうが、カーブを持たせたバックルなどは傷付きやすいのだろう。

多くのダイバーズウォッチと同様、このモデルもやはり水中より陸での使い勝手で魅力が伝わりやすい。地上で文字盤を見ると、時刻の確認は潜水時間を確かめる場合より視認性が高い。ダイバースーツの上からでは窮屈だったブレスレットも、普段通りに着用するときは十分なゆとりがある。加えて、インナーベゼルをちょっとした時間を計るために使う時も、手袋をはめずに操作する分にはリュウズも問題なく扱える。

ムーブメントを包む頑強なケースも、しっかりした安全ロック付きバックルも

水中での使用感はいかに

さて、今回ケッペ氏に潜っていただいた所要時間は合計50分。その大半の時間は、水深6m弱の湖底での作業に費やされた。ダイビング中にさまざまな魚類と水中植物に遭遇できるのは、とりわけエキサイティングだろう。だが、今回の目的は水中探査ではない。ケッペ氏には、ポントス S ダイバーの操作性を、これでもかというほど吟味していただいた。

彼も多少予測していたが、おおかたの予想通り、安全ロック付きブレスレットは、爆破にも耐え得るかのごとき強固さを見せた。そして、両面無反射コーティング加工が施された風防は、水中ライトの明かりを受けても照り返しを防いだ。多くのダイバーモデルでは、腕を軽く傾けた角度から見た時には読み取れなくなってしまうことを思うと、このモデルの風防は効果的だと言える。そして、ケースの防水性は格段に高い。仕様データに書かれている深水域(60気圧防水/600m防水)にも対応させるには、これくらいしっかりした作りであるべきなのだろう。

モーリス・ラクロア/ポントス S ダイバー

水中という現場での信頼感

2013年のバーゼルワールドで、実に太っ腹に新作をたくさん発表したブランドはビエンヌに本拠地を置くモーリス・ラクロアだ。気品があってミステリアスさも備え、過去の歴史にインスパイアされた新作だけにとどまらず、スポーツウォッチコレクションをより拡充してきている。


中でも一番ダイナミックなモデルは、今回テストに取り上げるポントス S ダイバーだ。デザインや機能、それをまとめ上げる技術で、純然たるスポーツウォッチの何たるかを突き付けている。構成にあたって、強調されているのは〝引き算の美学〟だ。それゆえに、シュノーケリングにともなうあれこれはシンプルにまとめている。使用時にガイドしてくれるのは、ダイバーズウォッチの命題でもある夜光塗料付きの各表示とインナーベゼルがメイン。頑丈なケースと、しっかりした作りながらもウェットスーツ着用時にも腕に巻くことができるエクステンション式のブレスレットも、スポーティーな時計の装備としては当然欠かせない。

ベリータンカーをモチーフにした限定モデル

ベル&ロスより発表された「BR V1-92 ベリータンカー」および「BR V2-94 ベリータンカー」はその名の通り、ベリータンカーのデザインから着想を得たモデルだ。


 そもそも、ベリータンカーとは戦闘機の緊急用燃料タンクをベースにしたボディに、エンジンと四輪を取り付けてレーシングカーに仕立て上げてしまったという“トンデモマシン”のこと。レトロな外見だが空気力学に優れていることから、いまだ自作したベリータンカーをアメリカのユタ州にある塩平原、ボンネビル・ソルトフラッツで行われる「ボンネビル・スピードウィーク」へ持ち込み、最高速記録を競い合う愛好者もいる。

シチズン アテッサ「ブラックチタンシリーズ」新登場

2017 年にブランド誕生30 周年を迎えたアテッサから、たゆまぬ革新を体現する「ブラックチタンシリーズ」が登場する。本シリーズを特徴付けるブラックの色彩は、シチズン独自の技術「スーパーチタニウムTM」の中でも、特に硬さと高級感を生み出す「デュラテクトDLC(Diamond Like Carbon)」により作り出される。キズに強く、艶やかな美しさの外装に、光発電エコ・ドライブGPS 衛星電波時計用Cal.F900 を搭載し、時刻情報だけならば世界最速「最短3 秒」で受信し、デュアルタイムやダブルダイレクトフライトなど充実した機能を備えている。

展覧会「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」を表参道ブティックで開催

本社ミュージアム所蔵のヒストリカルピースと各国のコレクター所蔵品を、世界10都市で一斉に展示する「世界を旅するホイヤー・ヴィンテージ」エキシビションが、初めて表参道ブティックで開催される。期間は9月16日(土)から10月9日(月・祝)まで。1911年発表の世界初ダッシュボードクロノグラフ「タイム・オブ・トリップ」、「カレラ」「オウタヴィア」「モナコ」など、人気コレクションのヒストリカルピースを主軸に、各国を代表するホイヤーコレクターの蒐集品が加えられ、およそ400点もの膨大なコレクションが展示される。表参道ブティックでは、「歴史を重ねたデザイン&モーターレーシング」のテーマに沿って、約50点もの希少なヴィンテージ・ホイヤーが展示される。

クリス・魯ブット元首相のあるからサプライズ作积家Reverso反転シリーズの腕時計

2016年に当たる积家時計Reverso反転シリーズ腕時計誕生85年、积家盛大に宣言フランス有名ファッションブランドクリス提・魯ブット(Christian Louboutin)と連携し、积家経典のReverso反転シリーズ腕時計注入新設計のインスピレーションを開いて、非凡創意とサプライズ。設計でマスタークリス·魯ブット非常に芸術的なデザインとユニークな視点でのファッションの見解を积家Reverso反転シリーズ腕時計に新しい顔。共通の価値観を持つとすばらしい物事の理念、スイス高級タブとフランスファッション靴伝奇初緊密に協力を惊世耀目の作。

月をかぶる手に、美しい時計推薦月相

時間のキャリヤーとして、自然の法則月相損益運動も時計を中。早くじゅうななじゅうしち世紀に、時計に優れた機能月相。月相表示を持つ大型置き時計は時計と月相結合の最初のキャリヤーにつれて、その後時計の制造技術や形態の進化、この機能をように参加されてから懐中時計や腕時計の中に。今日はみんなに推薦する何項の多機能の月相腕時計。

ブレゲ経典シリーズシリーズ7137BA /じゅういち/ 9V6黄金の腕時計

腕時計シリーズ:経典シリーズ

ムーブメントタイプ:自動機械

新しいOverseas 2016バセロンコンスタンチン縦横四海腕時計

世界の高級腕時計ブランドのバセロンコンスタンチン改造その象徴的経典シリーズ——Overseas縦横四海シリーズ。今回、その優雅と堅固なカジュアルバセロンコンスタンチン実用的な原則を開始した5項の新しい時計(じゅうにモデル)。新型腕時計ブランド生産ムーブメントを搭載は自宅を含む3項新しいムーブメント——は新世代の表出旅行の精神を自動的に時計。同シリーズのすべての腕時計はどんな採用ステンレスはゴールド?、基本から複雑な機能を表示する、皆に刻まれジュネーヴ印を組み合わせて認証手軽に替えの時計の鎖/バンドを確保するため、装着者も何処にいたって快適な装着体験を楽しむことができる。基本表示機能(時間、分、秒、含めや備えない日付表示)のほか、新シリーズも導入したタイミングや薄型デザイン。

シチズン エクシードの40周年記念モデルは作り込みがすごい

1977年に「確かな品質」と「洗練されたエレガントデザイン」をコンセプトに発表された「シチズン エクシード」が40周年を迎えた。この節目を記念して「シチズン エクシード 40周年記念モデル」が登場した。
 絶えず薄型を追求したエクシードにふさわしく、ケースの厚みはわずか4.5㎜。しかも厚みがある程度必要な3針モデルにしてこのサイズは快挙をいっていいだろう。ポイントとなったのは、昨年発表された世界最薄1.0㎜厚のムーブメントを搭載したエコ・ドライブ ワン。このモデルを完成させた技術力が、スモールセコンド付きモデルにして4.5㎜厚の光発電エコ・ドライブ ウォッチを完成させたのだ。

フォルティスのアートモデル最新作はガラスにインデックスを焼き付けた実験作

熱狂的なユーザーがいることで知られるフォルティスのアートモデルの4作目が発売開始された。黒板を模したダイアルが鮮烈な印象を醸した「IQウォッチ」(2008年)や、数学の度数法と弧度法を使った「2Π」(2015年)に続くのは、スイス人アーティスト、ロルフ・ザックスによるアンバーリングを駆使した「2.4ml リミテッドエディション」である。

フェラーリとのコラボが満載 ウブロのポップアップブティック

今年で2度目となるウブロのポップアップブティックが、7月26日(水)から8月8日(火)まで大丸東京店1階イベントスペースでオープンする。
 今回はウブロの「革新と融合」を共有するパートナーであるフェラーリとのコラボレーションの成果が見もの。2011年に両雄はパートナーシップを締結しているが、オフィシャルウォッチ、オフィシャルタイムキーパーとしてウブロは<世界各国でフェラーリと活動を共にしている。

売り場面積500㎡を超えるヴァン クリーフ&アーペル日本最大のブティック

ゴールデンウィーク中も大勢の買い物客でごった返した銀座の新名所「GINZA SIX」。多くのメゾンがここで旗艦店を出展しているが、ヴァン クリーフ&アーペルの銀座本店に続くGINZA SIX店は、日本最大となる売り場面積505.5㎡を誇る圧巻のブティックである。売り場は地下1階、1階、2階の3フロアから構成され、それぞれのフロアが明確なテーマを持っている。特に2階は日本初となるブライダル コレクション専門のフロアで、多くの女性客が注目している、またデザインは金箔のゴールドからブラックへのグラデーションが配された外壁を特徴とするメゾンの最新コンプセトが採用されている。

ヴァシュロン・コンスタンタン唯一のアンダー200万円モデルに新色登場

ヴァシュロン・コンスタンタンのモダンなコレクション「ケ・ド・リル」のステンレススティールモデルにブルー文字盤のバージョンが加わった。ラウンド型ベゼル、クッション型ミドルケース、トノー型ケースバンドを組み合わせた複雑なケースは「シェイプインシェイプ」と呼ばれ、高い評価を得ている。従来のSSモデルはブラックとシルバーのオーセンティックな2種の文字盤がラインナップしていたが、そこに鮮やかなブルーの文字盤が追加投入されたのだ。


 ブルーにオパーリン仕上げを組み合わせた文字盤は、独自の多層構造が持ち味だ。立体感に溢れるその造形は、3層からなる。そこにホワイトの蓄光塗料を施したインデックスと針が置かれ、現代的なニュアンスを強く打ち出している。また、ケ・ド・リルの特徴として知られる2層になった日付表示は、文字盤の中央に配置された透明のサファイアクリスタル製だ。日付ディスクが透明な文字盤で視覚化され、数字を指すインジケーターで日付を表示するのだ。

«1314151617181920212223242526272829303132333435»
最近の投稿
Tags列表
ブックマーク

Copyright by 清水義文