« 上一篇下一篇 »

両面ジャズ――漢ミルトン経典ジャズシリーズFaceにFace II初回限定版の腕時計

この新しい漢ミルトン経典ジャズシリーズFaceにFace II限定版はブランド腕時計に基づく2013年発表のFaceにFace原始表項のアップグレード版を作成して、文字盤のレイアウトを再設計に参加し、「カウントダウン秒針を貫く式」を搭載し、全新のムーブメント1項。前と同じに、この表を採用したのは非常に面白い回転式ケースデザインは、楕円精鋼ケースの水平軸を中心にハブで実現する両面文字盤の回転操作、両方装着者で同じブロックに持って表体体験した2種類の表の感じも、漢ミルトンできる多くの加入はいくつかの興味深い機能。

回転部分の文字盤重外部フレームに包んでのみ、右側の表冠部位や反対側の一枚の見えるボルトとケースにつながっている。表冠の大きさはちょうど良くて、溝式のエッジのデザインはとても人間化して、側面を代表した漢ミルトンの「H」型マーク、表冠の両側は細長いクロノボタン。この表ケース幅53 mm、高さを44mm、全体から上がってきて見て、つけると腕のそれは小編想像の中のそのようなが重くて、主に表耳適当な曲げ弧度と問わずどこに一方と文字盤もお似合いの水色の二重縫合線黒革バンド。どのようか、今すぐ飛んで漢ミルトンの専売店を探してみて解毒を一緒に解?