« 上一篇下一篇 »

大幅なパワーリザーブの向上がスピットファイア人気に火をつけた

京都店 岡本店長:その分野では、IWCの「パイロット・ウォッチ・オートマティック・スピットファイア」がリアリティのある価格と高機能でお薦めです。既存の3針式マークXVIIIはパワーリザーブが42時間ですが、新作スピットファイアは自社キャリバーを採用して72時間まで伸びました。お客様にこの差を解説すると、やはり長い方を選ばれますね。デザインはクラシックというよりもミリタリー感を強めて、ケースは程良いサイズにしています。スーツの袖口にも収まりが良いので、ビジネス利用の方にはストラップはNATOではなくレザーをご紹介しています。IWCというのは、つくづく気の利くブランドだなと実感させてくれる時計ですね。 

問:ウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピー等ブランド時計コピー|Jpeshop777.Com腕時計屋