« 上一篇下一篇 »

ヤク-腕輪-腕間の真夏の年回り年回り、1筋の涼しげを携えて心を涼しげ

靑は豊かな色で、空と海がこの広大な景色が真っ靑で、靑いそれも一番寒いの色、純潔藍色見せるさわやか、落ち着きと静かで、ちょうど暑い真夏、靑は暑気を払うのはいい薬。古くから「芳菲休みに何須恨み、夏木阳陰がいい。」ジャック徳羅靑い色調腕時計は、夏のきわみ化を無限に可憐な真夏の光景藏は表では、ちょい続いて絶えない清涼の意味で人の心。

ジャック徳羅時小針盤の文字盤で流れている潭清水、繊細幽微の靑い半透明エナメル層を映す水面の純チェ透明。二枚の葉を頼んで一輪咲いた立体はめ貼り蓮、優雅に水面に浮かぶ、手作りイヌワシ葦は水の間に立つ亭々。エナメルの下、三条錦鯉はゴールド?シャーシに波紋が飛び出るほどの間、演じている肉感的天城バレエ、ダンス、優しい。ホーローは文字盤の上で分冊が明るく澄みきって、グラデーションの色と空と鳥と鳥のアクイラが互いに引き立つし合う。

ジャック徳羅芸術工房の大師達を創造して1枚のこの時が静謐息の精雅景色、腕の間にまるで波がきらきらと輝き、たとえ更に夏の暑い日、このように1台の腕時計を携えて、感じるのは時間の不疾不徐バインドは腕の間、ちょい涼しくて、だんだんに心。