« 上一篇下一篇 »

ミクロに月システム――カルティエRotonde de地球と月陀のはずみ車の腕時計をあげ

過去の数年の中で、カルティエのムーブメント設計総監Carole Forestier-Kasapiさんの指導の下で、カルティエのムーブメント開発力は飛躍式の発展は今、それはまるでとなった高級タブ業界の中流の砥柱。近段時間の作品を含めて、カルティエのRotonde deあげシリーズAstrocalendaire天体稼働式万年暦腕時計、カルティエRotonde deあげシリーズ高級複雑時計機能透かし彫りや、図中の私たちが見て、とてもユニークなカルティエRotonde deあげシリーズ「地球と月」陀フライホイール時計など、非常に大きな機械美感の卓越した時計、印象が深い。実はカルティエ首発地球と月表項の発表は2014年のことだが、今日紹介したこの時計は、バラの金の素材を使用した別の1種のデザイン、また二者の他のいくつかの面でも違い、努力を続けてください。

このバラの金の材質のカルティエRotonde de地球と月陀のはずみ車の腕時計をあげ機械からレベルでは、同2014年の先発デザインはまったく同じで、それらの違いはケース素材や盤面デザインの応用の上。首発地球と月カルティエ腕時計に配備されたケースは、プラチナ、盤面部分はラピスラズリ素材を使用して、しかしそのわずかごじゅう枚限定発売するので、買えなかった表ファンしか働けない睨み付ける。

そしてこの文章でご紹介した地球と月表項はバラ金素材を使用し、ケースサイズは47 mm大きさ、厚さは16.55mm。そのケースデザインに非常に洗练され、マイクロ曲げラジアンの表耳で腕を繊細な人に見えるのが似合う装着ても非常に加え、細工が精巧なブラウンワニ皮バンドの援護攻撃、この表に25万ドルの価格を招くことは何か批判。また、この表をケースに仕事も一流で、その表面研磨プロセスを経て、色合いがみずみずしい言わず、寛大な表身をあらゆる角度からでも十分グレード感を持って見える。もう一つ注目に値するの設計要素はその表冠では、依然としてバラは18金素材を使用し、上部にはモザイク1粒の靑いカボッションカットサファイア。