« 上一篇下一篇 »

Eternaエテルナ新しいAdventicGMTアーヴィング迪シリーズ

 文字盤、造型、研磨プロセス……どんな点から見ても、感じることができるEternaエテルナAdventicGMTアーヴィング迪シリーズの優雅さを放つ。経典の中央に配置に結び付け分針、さん時位置の日付窓、ろく時位置のポインターGMT第二のタイムゾーンの表示や、きゅう、く時位置の小さな秒盤経典清新で見て、すべての機能も通じ表冠に調整。デザイナーをたくみに五珠ベアリングに滑る軌道保留直径42mmのケースくらい2題を経て、光沢と質感曳糸交わる磨き、繊細な。また、新しいAdventicGMTアーヴィング迪シリーズは表面上で新しい物質で、文字盤の上のリング型のラインをシンプルな文字盤をレイヤー感と、白と黒の文字盤を中心に強烈な対比を形成し型格、ファッション、ブランドと専属の五ボールマーク同士に呼応して、更に会って尊い。
というブランド「五球」というコンセプトの起源、言及Eternaエテルナは、1948年の重大な発明、低い摩擦ボール型軸受自動盤システム(Eterna-Matic)。この発明は、5個球型軸受、自動盤の耐久度を高めることを指している。Eterna-Maticの登場は、表壇の技術の発展に重要な1ページを書いて、「五」以来となったボールもEternaエテルナマークの記号。
EternaエテルナAdventicGMTアーヴィング迪シリーズは古典的なデザインを呼び起こすEternaエテルナ1960年代にはブランドの百週年記念式典で発売した薄型メンズ腕時計Centenaireの思い出、デザイナー、ケースの線、文字盤の配置は加入して現代の美学の気持ち。新しいEternaエテルナAdventicGMTアーヴィング迪シリーズに備えて2バージョンを選択できる:ステンレスケースと白やブラック文字盤(小秒盤はいずれも白/黒)や、黒と白ワニ皮バンドやブラック文字盤(小秒盤はいずれも白/黒)、すべての機能に通した表冠操作。