« 上一篇下一篇 »

「ロイヤル オーク オフショア」。30秒のシリーズ動画を公開

 2018年6月29日、ル・ブラッシュ: ロイヤル オーク オフショアの25周年を記念して、スーパーコピー時計オーデマ ピゲのCEOフランソワ-アンリ・ベナミアスと同社所属の歴史家マイケル・フリードマンが、新たな分野を開拓してきたコレクションについてのストーリーと与えたインパクトについて語る30秒のシリーズ動画が公開されました。


  1993年に大型で力強いモデルとして初めて登場したロイヤル オーク オフショアは、それまでの慣習を打ち破り、伝説的なラグジュアリースポーツウォッチとして世界的な潮流を生みだしました。以来、ロイヤル オーク オフショアは挑戦を続けています。コレクションからは幾度となく新たなデザインが生まれ、 アーノルド・シュワルツェネッガーやジェイ・Z、レブロン・ジェームズなど世界に名だたる愛好家たちに愛用されてきました。 マイケル・フリードマンは「オフショアは若い世代のために作られた時計です。ほとんど反体制とも言えるアンチ・エスタブリッシュメントの側面があったことも成功の一因でしょう。工業的な素材を採用し、大型で力強くダイナミックでありながら素晴らしい手仕上げが施されたラグジュアリーウォッチであることが、25年後もなお意義のある時計であり続けている理由のひとつでしょう。」と説明しました。


  フランソワ-アンリ・ベナミアスの言葉を借りれば、ロイヤル オーク オフショアは「生まれたその日に死んでしまっていたかもしれないのです…この時計は大きすぎる、気は確かか!という人々がいたのですから。」。たくましく創造力豊かなエネルギーが25周年を迎えたことを祝して、オーデマ ピゲは過去に乾杯し、未来を展望する3つの新作モデルを発表しました。1993年の初代モデルにインスパイアされた復刻モデルと、ステンレススティールと18Kピンクゴールドの2つのロイヤル オーク オフショア・トゥールビヨン・クロノグラフ限定モデルです。