« 上一篇下一篇 »

創設者の魂が宿るコンプリケーション

 

現代を代表するスゴ腕時計師のひとりロジェ・デュブイ氏が1995年に創立。ダブルフライングトゥールビヨン機構に象徴される機械式メカニズムの究極を追求すると同時に、斬新なデザインで高級時計にあらたな地平を拓く新進ブランドとして、時計愛好家から熱狂的な支持を集めてきたロジェ・デュブイ。

2009年にリシュモン傘下となってからはブランドコンセプトの再構築とコレクションの全面リニューアルに着手。現在は「エクスカリバー」「モネガスク」「パルジョン」「ベルベット」と、デザイン的にインパクトのある4つのコレクションを、映画的なコンセプト、イメージビジュアルと共に展開し、時計愛好家に加えてアクティブで個性的な男女にとって見逃せない時計ブランドになっている。

また2013年には4つのテンプを持つユニークなメカニズムで高精度を追求した「エクスカリバー クアトゥオール」を発表し、再びメカニズム面での先進性・独自性をアピールしたのは記憶に新しい。2014年はこの4つのコレクションに加えて、ブランド創立時に最初に発表された「オマージュ」コレクションを久々にフォーカス。ロジェ・デュブイの5番目の世界観、「驚きのメカニクス」として、新たに10モデルを発表。アンバサダーとしてブランドに復帰した創業者兼時計師のロジェ・デュブイ氏に捧げる時計も登場した。