« 上一篇下一篇 »

ラリーカーに用いられるカーボン素材などを採用し、ラリーの魅力を体現

 

今年1月に南アメリカで開催された“世界一過酷な耐久レース”といわれるダカールラリーのオフィシャルタイムキーパーを務めたエドックス。1979年にフランス人のティエリー・サビーンにより創設されたダカールラリーは、2009年からその舞台をアフリカ大陸からアメリカ大陸へ移し、今年もクルマやトラック、バイクなどすべてのカテゴリーで約740組が参戦し、ペルーからアルゼンチン、チリの横断に挑戦した。

そんな過酷な状況でも耐えうる時計として、またパートナーシップの第二弾として登場した公式時計の「クロノダカール リミテッドエディション」は、現代の最新技術を駆使し、高精度なクロノグラフ機能を搭載。ダイナミックな直径45ミリのブラックのケースには、耐傷性に優れたハイテクセラミックを使用したベゼルやラリーカーに用いられるカーボン素材のダイヤルを採用。さらにケースバックにもラリーを象徴するトゥワレグのロゴマークが刻まれた。

また、クルマのエンジンを彷彿とさせる独創的なクロノグラフの「スタート」、「ストップ」ボタンがあしらわれたほか、装着感に優れたラバーストラップもラリーカー仕様のタイヤのデザインを取り入れるなど、ダカールのハードな世界観をイメージさせるものとなっている。