« 上一篇下一篇 »

Baselバーゼル2012 : Tiler Heuer豪雅表Mkrogirder

Tiler Heuer豪雅表は、「Mkrotimerフラッシュ1000」を持ってきて、二本発条箱、双捕の縦システムに合わせて、千分の1秒の精度を計算するための機械表を作り、高壁を揺るがすことができた。過去から現在までの発展は、豪雅表の中心的思考を簡単に見抜くことができる:極速に挑戦する。やはり、2012年のブランドは私たちを失望させてはいなかった。年初、ヨモチとSHHの展示期間に同期した豪雅は、ジュネーヴの別の戦場で、2012年度のテーマを発表し、一連の新しいF 1シリーズを発表した。確かに言ったように、Mkrogirderは、極速に挑戦する使命を担っていたが、今回は「二千分の一秒のカウントダウン」の大門だった……。

これまでの万宝竜の「TimeWriter II双振周波1 , 000カウントダウン」の文章には、カウントダウンを簡単に議論した概念がある。機械表のカウントダウンは振舞の高低で、周波数が高くなるほど、相対的に計算できる基礎単位が小さくなる。一般的には、市販のコア振れが約28 , 800回、さらに高いのは36 , 000回(最も有名なZenith)、1 / 10秒のカウントダウンに過ぎない。技術面の制限、遊糸の材質、動力の試験量の下で、基本的な振込36 , 000回はすでに普遍的な値に迫っている。

2005年には、1時間当たり36万回(50ヘルツ)、測定して1 / 100秒の「Calbre 360機械腕時計」を正確に測定し、極速の歴史に挑む。2010年には、豪雅表の「GrランドCARRera Poel」は無遊線機械を利用して、磁石の代わりに磁石の代わりに6ヘルツの振込みを達成した。展は基を埋める。2011年には、Mkrotimerフラッシュ1000は、さらに、360万回の周波数を押し、1 / 1000秒のカウントダウンを宣言する世代が来る。