« 上一篇下一篇 »

昔をしのぶ時間:Pocket Watches当代懐中時計を観賞する

機械式時計1980年代の復興を意味、高級時計の発展への転換を鑑賞や収集を目的とし、そこから機械技術や装飾芸術の分野を開拓し、より多くの可能性。こんなことしても令キャリアの時計、しなくてもこだわる腕時計の形式を含め、懐中時計、さらには体積より大きな置時計としての機械技術や装飾芸術の完璧な公演をする舞台。

Bell&Ross傘下にはかなりの成功Instrumentシリーズのほかに、もうひとつの歴史も悠久のVintageシリーズ。このシリーズはレトロなデザインを再現にじゅう世紀初頭航空技術啓蒙期の時計スタイルで含み懐中時計をコンセプトデザインの腕時計の作品Vintage WW1のほか、や作品PW1懐中時計。この指PW1 RepetitionMinutes Argentium懐中時計を組み合わせた復古の簡潔な設計、および5分の二問のアラーム機能;その採用したArgentium®ゲルマニウム銀合金は、かなり独特のレトロな質感を呈する。

PW1 Repetition Minutes Argentiumも1項の複雑な機能を搭載し、エタ手動懐中時計、内部にチェーンムーブメントをもとに、ロードDubois D E prazのModule 87時報モジュールに組み合わせて五分二問ムーブメント、これも現在の市場の上で最も人気の時報時計入門者案。レトロな古典的なデザインに加え、組み合わせ特許の材質および複雑な機能、PW1 Repetition Minutes Argentium現代技術で解釈古典懐中時計のモデル。