« 上一篇下一篇 »

彼らは1億円を超えているが、時計は1000元未満のスワキだ。

多くの人はスワキの感覚に対して、可能性は学生の時計で、デザインは非常に多くて、柄は豊富で、価格は安いです。年を取っていると、スワキは幼稚すぎて、石英表が足りないと思っていました。しかし、一部の人は、1億円を超えていたが、その価格が1000元未満のスワキ時計を着用していない。私たちが見に来ても誰がいますか。

ロイド・ベランクリンは、私が知っているのが一番好きなのはスワキが大好きです。ゴールドマン・サックスグループのCEOとして、ベランクリンの身は億円を超えていましたが、普段は会議に出席しても、学術に参加していて、その腕の上では、さまざまなスワキのビニールシートが請け負っています。正式の場合、一般的にはこの黒の白盤金を着用しています。

また、表盤に色を変えたり、若いファッションの青もさまざまな場所に住んでいます。特に上図は、白シャツにブルーのネクタイと、青い腕時計と呼応して、小さなコーディネートを披露しています。