« 上一篇下一篇 »

ボーム&メルシエ |新作情報!(その1)SIHH 2017 ジュネーブサロン

20世紀初頭に当時スポーツマンと呼ばれていた人たちが、競技を超えて、美しく力強いスポーツビジョンを生み出し、それは今の時代にも受け継がれている。各人が夢と自身への欲求の限界まで行くことができるのなら、結局のところ勝ち負けなど重要ではない、ということだ。正真正銘のジェントルマンだった彼らは、フェアプレー、エレガントなプレーで、古代からの有名な格言「Anima sana in corpore sano」(健全なる精神は健全なる肉体に宿る)を体現し続けた。21世紀の今なお、このラテン語の成句はより一層、重要な意味を持つようになった。そんな、スポーツを単なるアクティビティではなく真のライフスタイルととらえる、洗練された審美家でアクティブな男性のための時計、現代の“ジェントルスポーツマン”のために、その精神をデザインに昇華した新作がこのスポーティーな「クリフトン クラブ」の5つのモデルである。


中面-2 まずはポリッシュ・サテン仕上げステンレススティール製ケース(ブラックまたはホワイトの文字盤)に、“オールロード”カーフストラップを備えた2つのモデルだ。表面にボーム&メルシエ独自の帆布の織目のようなエンボス加工を施し、裏面にはラバー加工されたオレンジのカーフレザーのライニングをあしらった、“オールロード”カーフストラップは、非常に丈夫で、乾いた状態や濡れた状態での摩擦にも紫外線にも強いため、一日中着用できるオールラウンドなストラップが特徴だ。


ポリッシュ・サテン仕上げステンレススティール製ケース(ブラックまたはブルーダイヤル)に、都会的なイメージでスティールブレスレットを備えた2モデルも、ケースとラグの曲線になじむ、ステンレススティールの3連のブレスレットがセットされ、表面にサテン仕上げ、そしてサイドにはポリッシュ仕上げを施しており、しなやかに動くコマによって、手首にしっとりとなじむ工夫がなされている。