« 上一篇下一篇 »

コノテガシワ倍に手を携えて唯品はドイツ腕時計独特設計

 以前、スイスの時計産業が発達し、スイスの質の質を認める傾向にスイスの時計産業が発達傾向にあると考えられている。実は、ドイツの時計の発展史はスイスの時計の発展に遜色て、ドイツの先進工業の基礎、ドイツ工業製品の優良品質と精良も滲透て時計工業工業に入りして。ろく月じゅう日、国内最大の徳表代理集団――柏倍徳グループと世界最大の特売ǒб唯品為替と協力して、広州で旧友記テーマコーヒー開かの名は「だけ時計は、あなたを読みドイツデザイン」の徳表品鉴活動。その時、客員《ファッションタイム》は編集長として、ウェブサイトのCEOのPANの矢さんと双方の企業代表が消費者に詳しく解読するためにドイツの腕時計技術の無限魅力を解読することを解読する。
都会の喧騒の中で、夢を乗せてと生活態度に旧友記テーマ喫茶店の人より軽いが、こんな気持ちがとても感性の空間の中で、ドイツ腕時計の設計の美学は潘矢さんの案内で現場を咲かせて、一人一人の消費者に浸るその中心に思いをはせながら乗っていて、共にタイムマシンをかみしめドイツ製造の腕時計の歴史が伝承し、柏倍徳集団腕時計ブランド完璧工芸のベール。ドイツ製の時計は1件の芸術珍品だけではなくて、更に1種の文化の象徴、まるで柏倍徳集団の腕時計ブランドが与えるユーザーの精神に共感、旧友記テーマコーヒーこの温もりエレガントな芸術空間の中で引き続き配布独特な気質の内包。現場の消費者のこの芸術な聞くと情熱、再び証明した国内表ファン「時間の美」の狂爱一分一厘を減らしていないで、日増しに増える。