« 上一篇下一篇 »

外出の代わりに聞いてGoogleナウ:Google Google Android Wear時計が初めて中国入国

 さっき連想秋の会見で、Moto 360 2世代の国の行う正式発表され、同時にGoogleがAndroid WearマークGoogle初中国入国。会見では見ることができるからAndroid Wearは中国向けに作った一定の最適化、例えば中国語の支持で、しかも音声検索。しかし現地連想は詳しく紹介して機能が発表後によると、Moto 360二世代に採用する音声検索技術を聞いてから出かけ、つまりTicWearの親会社でTicWear前に私は駅の衆測チャンネル。現在、出かけると協力関係を聞いてGoogleを達成し、今後すべて国内で発売のAndroid Wear時計を採用し、共に出かける聞いて提供した音声検索サービス、Googleの代わりに原生の音声検索サービス。
先日のニュースはGoogleは中国をもたらすと調和版のGoogle Playアプリストアとサービスで、今回の発表会では情報の重要なリリースチャネル。から私たちが会見で見られなかった待望のGoogleナウ回帰、換えるのは国内のに出かけるの代替案を聞いて、このことを意味しているGoogle検索サービスは国内では期限を受けて、殘念ながら、しかも公式のアプリストアいつ復帰を得るかどうかまだ正確なニュース。
外出の現地化について聞いて検索実力は確かにとても強いが、Googleよりも差が大きい場合に期待するしかない、今出かけて聞いて早く大人になってきた、後続の多くのAndroid Wear粗製品の腕時計が楽しい遊びに至っては、もうプリインストールGoogleサービスの原生Androidデバイスを全面的Wear Google復帰前しか出かけてます聞いてみたり更新ROMに応用して、その他の手段になった。