« 上一篇下一篇 »

デザイン傾向:ジュエリーが軽くて紳士腕間の間

1813年、フランスジュエリーブランドChaumetはナポレオンの依頼を受けた制作シリーズ真珠や宝石をちりばめエナメル懐中時計Francois-Regnault Nitot:丸いゴールド?ケースで靑いエナメルと環状真珠串に飾って、冠センターの「N」字母代表ナポレオン専属懐中時計とマリー・ルイス皇後の形成にGualian懐中時計。この表に出て上海で先日プラザで開催された「創造·2世紀の時時計の展示、感情」をジュエリーと懐中時計、時計の結合の古典の姿を見せながらも、男性に愛情の優しさを。
初の腕時計が生まれたのは、ナポリ皇後の腕に、Breguet完成したこの時計の制作:当時の要求に表持ち運びしやすいし、精巧で美しいのタブ工芸表出身分。その後もジュエリーは腕時計をして百年を歩いて、しかしあの機械の熱狂の時代、時間の表示の技術は永遠にコアで、宝石はいつも花を添えるとする役を演じていて。
数百年の変遷を経て、今日の腕時計が演じているキャラクターはかえって最初に回帰し始めた。携帯は時計より正確な今、表の価値は元の時計機能、大幅な傾向によって。一部の男性に技術、陀はずみ車は彼らの選択、複雑な機能は彼らの追求です;別の一部の男をもっと信じての第1時間は彼らと視覚の衝撃の宝石をちりばめ――幸いこの両者は矛盾して、多くの時それらも同時に出現。