« 上一篇下一篇 »

蕾モンウェイは古典の巨匠バラ金カウントダウン番号を携えて「一歩の遥」を期待している

スイスの高級時計ブランドレモンウェイ大中華区イメージ大使や華語映画界のリーダーとして4年ぶりに監督し主演する新作「一歩の遥」は、2014年度で最も期待できる映画の一つである。映画制作の中での情熱はブランド精神に集中しています。「精度はインスピレーションの源である」(Preision is my inスピレーション)との間での思いが込められていることを実感しています。

高級製表界としての芸術的な雰囲気の代表として、創立以来ずっと音楽を中心としています:すべての時計の製造はすべて音楽をインスピレーションとするだけではなくて、更に全世界の範囲内の音楽活動に参加してあるいは若い音楽家の発掘に対して協力して音楽界と密接な交流とインタラクティブを維持します。音楽のほかに、レイモンウェイと映画芸術も悠久の縁を持っているが、これは最初に1983年のブランドとアカデミー賞の映画「モーツァルト伝」の合作と同名の腕時計シリーズのAmaデウスにさかのぼることができ、スイスの時計界と映画が結びつけた歴史の先駆けとなっている。新しい千年に入ると、レモンウェイは音楽を主としたブランド価値観を強調しながら、映画芸術間の親密な関係を諦めていなかった。2005年に南アフリカからのオスカーの影の後にCharizeスリートを招待したほか、2011年には噂に成功した。写真壇の巨匠である姜文監督が、ブランド大中華圏のイメージ大使を務め、注目を集めている。

実は、初監督の映画『太陽の光が輝く日』が登場して以来、姜文監督は鮮やかな個人的なスタイルで注目されている。魔法の現実主義的なスタイルの《太陽の照度は昇る》か、あるいは黒色のユーモアの要素の《弾丸を飛ぶ》であっても、姜文監督はすべてその映画の芸術に対する情熱的な執着、天馬行空のインスピレーションの源と、独創的な映像の語句がスクリーンの上で人の味に耐える人生の百態を描き出して、1部また1部を達成しました部の経典。またつぼみのモンウェイで手を携えた数年の間、姜文監督の「一歩の遥」の創作過程で、きちんとした慎重な態度はブランドに深い印象を残すだけではなく、2011年からプロモーションを宣伝してきたブランド精神の「精度がインスピレーションの源である」(Preision is my inスピ)とは驚くべきものである一致性。