« 上一篇下一篇 »

「心」を彫るアイミロンの新金は祝日の暖かさを伝える

今年の正月は「終末論」でもっと意味があると言わざるを得ません。2012年末にマヤは予言していたが、喜んで来た。年を越えた鐘の音はすでに遠く、2012の人々を経験し、旧正月を迎えた時には大切に感謝している。「心」の起点で、「心」の時間は銀装の日の祭りで出発した。この時、美しい時計で愛を打ち明け、祝日の気持ちを感じるのは最も適したものです。時計の定番ブランドとして、エミロンは2013年には完全に新しいシリーズの腕時計を見せ、祝日の暖かさを伝える。これまで、エミロンは独自の装飾芸術、正確で信頼性のあるカウントダウンを名表としている。「時間の翼」シリーズの腕時計は、消費者に人気の代表的なものである。新発売の子爵シリーズ、レモンシリーズ、Art Decoシリーズなどが改めてサプライズに。

新しい年の中で、男の人たちは手を挙げて高貴な品質と個性を発揮したいならば、エミロンの腕時計は願いを果たすことができます。この男性の専属腕時計の外形は独特で、普通の腕時計と違います。円の中にある方、気派が豪快で、表輪の両側の翼の輪郭は、陽の空気を浮き彫りにして、上品な中であの光る風骨を漏らすのは、間違いなく個性と味わいを重んじる男性たちが自慢人の気質と無限の動力を注ぐことに違いない。もし女性の友達が祝日の際に、愛する人を一緒にカウントダウンしたいと思ったら、エミロンの腕時計を賢明に選ぶことができません。