« 上一篇下一篇 »

ロレックス機械表には柄部品の故障解析

 (いち)、時計柄軸を曲げ、図5 - 6通り。縦の柄と垂直に垂直に、いくつか方向から観察してそれの曲げ段を発見することができます。整備に使用を子支持柄軸添え木穴円孔段、図5 - 7の通り、最もタブーはさん方梓段に折れ、まっぷたつに先のラ枠槽所。柄の軸をからアイ内巻き、しっぽを軸に置いて頭を打つ鉄床ナナリーを曲げ段、もし柄軸強度や硬度が高い校直にくいが、まずその焼鈍、是正を焼入れ処理で、そして金属サンドペーパーでその光色褪せ旋磨を売る度。もし柄軸ネジ段の出現を曲げ、使用裏地を包むこの段で、それから更にニッパ校直防止のため、ネジ深刻な損傷。たとえネジが少し損傷が、鍋の質のネジ段間接からタップの役割は、柄の軸をねじ込み銀製のアイねじ配管内の。
(に)、機械表柄軸未垂直ねじ込みアイのでアイとケース偏磨、この時宜採用アイと柄軸分離アクション、更に再インストール、ねじ込み過程中には観察しながらながらねじ込み、柄を軸に沿ってないようにも路旋入柄で頭を傾ける、
(さん)、アイネジ管傾斜、図5 - 8の通り。もし配ない同じ商標アイ使用中空平面·パンチ巻き付けるアイネジ管(必要な時にはゴムガスケット柄カバーと解体)、凹弧·パンチを食い止める柄帽、垂直固定両頭パンチ後再打凹弧を校直·パンチ。