« 上一篇下一篇 »

愛表長測の美度舵手シリーズ世界時の時計比較編

前文は、腕時計の庶民化が進むにつれて、世界中の腕時計はもう10万以上の高価格の高価なものではない。近年では、年を超えたサラリーマン層の軽奢な製品となっている。この美度の舵取りの世界では腕時計を軸にして、米度の枠に相当するブランドがこの2年間に合わせて世界中の機能腕時計を次々と発売した。どちらが劣っているかのほうがいいです。

まず視野に入ったのは、コンスティーの世界である。この世界を言うには、盤面では、私たちが知っている世界に一番近いスタイルだと思います。外時盤は、白黒を見分けることができる24時間盤で、ローマ時には「宝玉」となった。だから、二つの宝玉針の飾りもそんな理屈に見える。正直、パクリみたいな感じ。異なるのは、6時位のポインタのカレンダーや部分的なデザインで、珍しい「地球」の概念を引用している。でも、いいです!しかし、価格も少し慌てることがありますが、玉の透かし模様のないデザインの価格は2800以外で、残りのデザインは全部で3万、メッキの価格は3500元です。

価格は同様に高いが、デザインは最も特別なナンパ805と呼ばれているようだ。ナンバーゲンと同じ新鋭のブランドだが、ドイツの血統を持っているかもしれないし、独特のバウハウス風に加えて、かめの中での評判はカンズよりはるかに高い。もちろん、美度とはまだ有名ではありません。なぜナンバーサル805が高すぎると言うの?これはブランドの位置とこの表の定価と直接関係があると思います。私の知っている限りでは、ナンバーOS 805は、ナンバーヘッドの最も複雑なデザインで、同じ素材の下で最も高いデザインである可能性があります。国内の定価は9500です。これは3万の定価に近いし、コンズと同じように気まずい立場にある。もっと良い札を買ったほうがいい。消費者のブランド価値に対する需要は、機能の需要よりはるかに大きいことが証明されている。