« 上一篇下一篇 »

売り場面積500㎡を超えるヴァン クリーフ&アーペル日本最大のブティック

ゴールデンウィーク中も大勢の買い物客でごった返した銀座の新名所「GINZA SIX」。多くのメゾンがここで旗艦店を出展しているが、ヴァン クリーフ&アーペルの銀座本店に続くGINZA SIX店は、日本最大となる売り場面積505.5㎡を誇る圧巻のブティックである。売り場は地下1階、1階、2階の3フロアから構成され、それぞれのフロアが明確なテーマを持っている。特に2階は日本初となるブライダル コレクション専門のフロアで、多くの女性客が注目している、またデザインは金箔のゴールドからブラックへのグラデーションが配された外壁を特徴とするメゾンの最新コンプセトが採用されている。


 もちろん、オープンを記念した先行発売のコレクションもある。「ブトン ドール」コレクションだ。1930年代後半にヴァン クリーフ&アーペルが生み出したパイエット(スパンコール)と呼ばれるジュエリーモチーフの曲線を採用したこのコレクションには、ネックレス、イヤリング、ブレスレット、リングがラインナップ。ホワイトゴールドとピンクゴールドのコンビネーションが特徴だ。


「GINZA SIX」の中にあって、大通り沿いの入口横という抜群のロケーション。開放的にして親密な、まさにメゾンを象徴する空間が広がる。