« 上一篇下一篇 »

何穂に教えてもらいます。スーパーモデルは一体どうやって下着を選んだのですか?

 もちろんもっと重要なのは、やっとウサギがスーパーモデルの何穂と対面する機会ができました。
実は2011年に、何穂は初めて「黒馬」として维密秀場に入りました。ウサギのインタビューを受けました。浙江人ばかりかもしれません。特に親近感があります。
私たちはハイアットホテルの部屋に座っていますが、試しに彼女に聞いてみました。「あの時、あなたが報道した新聞を温州に送りました。お父さんに渡したことを覚えていますか?」その瞬間、彼女の笑顔が広がった。「大きな表紙を覚えています。」
話題は温かいものから始まり、後はちょっと野放図になりました。確かに身分の随所にある下着に向かって人と話をするのは初めてです。何穂さんは時々自分のカバンから新商品を取り出して彼女の組み合わせを教えてくれます。