« 上一篇下一篇 »

月相情感積家超薄大師シリーズ月相腕時計カタログ

 「子供は月を見ず、白玉の盆と呼ぶ。また玉の鏡を疑って、青雲の端で飛びます。」昔の人の鑑賞と観察の物として、月の中の神話のストーリはいつも人に1種の精神の委託とされます。天気以外にも、月相の曇晴円欠は昔の人の労働生活の道しるべとなりました。時計界では早くも月相計のデザインがあります。時計職人たちは月の動きを巧みな機械設計で完璧に腕時計に再現しました。月相は精緻で簡潔明瞭でロマンチシズムに富んだ面白い機能として多くの月相腕時計に受け継がれてきました。ブランドのデザイナーたちはもっと興味が深くて、綺麗で雰囲気のある月相腕時計を作っています。腕時計の家の編集者が今日紹介したこの腕時計もその中にあります。