« 上一篇下一篇 »

北京の時計店は、裁判所の店員には、賠償をする必要はありません

徐ある北京冠亚時計城「バセロンコンスタンチン」の腕時計の専売店に販売をした時、店内で失くした片方の価値が21万元のバセロンコンスタンチン時計。彼女はそのために城で起訴され、価格の10 %を求めて賠償することを要求している。昨日記者は東城裁判所から、徐は、徐には、賠償をする必要はありません。

徐あるによると、2008年はち月彼女と北京冠亚時計城と労働契約を締結し、2010年末に期限じゅういち配置され、彼女を担当する「バセロンコンスタンチン」時計の専門店の販売の仕事。2009年ご月で、店舗管理プロセスの脆弱性に自身が失わ店舗一匹バセロンコンスタンチン腕時計、冠亚時計城警報。現在、この事件が捜査中、当該表に保険があるとしている。

徐あるによると、事件後、彼女冠亚時計城を強制する署名未公示、未組合認可の約款賠償要求の規定では、さもなくば解雇。その後、彼女に労働紛争仲裁委員会に労働紛争仲裁、昨年じゅう月東城区仲裁委員会が仲裁、その損失賠償要求時計城に万元。

徐某不服同仲裁、起訴から裁判所、確認要求彼女を支払わ遺失腕時計の損失に万元。

公判で、時計城申し述べる、相応の賠償規定は経公示プログラムが制定する規則制度、落とした時計販売価格は21万元あまり、時計城の規定では、職務責任を背負って小売価格の10%。時計が紛失しているのは徐某過失で、賠償責任を負うべきです。

裁判所によると、この表に、保険会社が保険賠償金支払額を行ったが、時計城未告知裁判所。

裁判所の認定については、この案に時計城を徐ある仕事で深刻なミスにより、時計がなくなってに応じて会社の規定に従い相応する責任を引き受け、時計城未は徐ある仕事の中で存在に合わない仕事のプロセスや財産の損失の額が提供する相応の証拠を実証して、裁判所不支持。裁判所の判決は徐にはなく支払いを支払う必要がある。