« 上一篇下一篇 »

アップルは、時計のソフトの店数は3000項に達している

アメリカ科技ニュースサイトAppleinsider報道によると、この時計店リンゴソフトが、iOS8.2とiOS8.3統合の「Watch”クライアントソフトで。

外観の上で、このソフト屋のインターフェースとアップルAppStoreソフト店が一緻して。でも、一番明らかな違いは、ソフトアイコンが円形に現れているということです。

この腕時計ソフト屋で、りんごも発売した「スタート」、「健康生活」などのプレート、ユーザーに推薦部分時計ソフト。

現在獲得リンゴ重点推薦の腕時計を含め、Keynote Twitterクライアント、『ニューヨーク時報》のクライアントや、音楽Pacemakerリミックスツール。

アップルの時計ソフト店には、約3000。もちろん、ユーザーもAppStoreでこれらのソフトウェアのダウンロード。

指摘しなければならないのは、アップルの腕時計はアップルの携帯電話だけで友達の設備のすべてのリンゴ時計ソフトも、ただiPhoneアプリの伸びは、実行時から離れない携帯端ソフトウェアの配合。

リンゴはWatchクライアントにまた統合ソフトに役立つかもしれない腕時計、腕時計のユーザーを発見、ソフトウェアのダウンロード。

りんごも公式サイトで発表したより詳細なユーザーガイド違うテーマで覆われていた、例えば、携帯のカップル、表面(主インターフェース)、通知、「Glance」など。ユーザーの勉強をすることにもどのようにアップグレード時計ファームウェア、リロール腕時計、あるいはひとつの失ったリンゴの時計にプライバシーデータ削除。

りんごりんご」と強調し、腕時計の内容や情報が続いて同期までiPhoneにカップリングではなく、PCもしくはMACパソコン。iPhoneでさらに雲バックアップ機能、腕時計の情報を振り込みiCloudサービス中。

また、腕時計のユーザーを选べばキャンセルとあるiPhoneカップルは、腕時計自動バックアップ内容を行う。

りんごが集まったにもかかわらず時計大量のアプリケーションとの見方がある、しかし、リンゴが腕時計はキラーの革新的な応用の紹介に重点を置いて、リンゴの三大コア機能は現在、業界標準機能は知能の腕時計。

また、あまりにも多くのアプリケーションや雑すぎるのアイコン、腕時計の使いやすいリンゴ可能性の低下は、開発者に陥る可能性もiPhoneをスマートフォンの機能「引っ越し」からリンゴの落とし穴に時計。