« 上一篇下一篇 »

ボル表して新しいエンジニア炭化水素シリーズフォックスモデル

ロック西ドイツ(Lockheed)YF-12はアメリカ空軍(USAF)機密開発のチタン殻迎撃機。それを装備した当時の最先端の空っぽミサイルシステム及び火控レーダー、今なお依然として世界で一番大な運転迎撃機。飛行テストでは、独特の武器システムを搭載したYF-12表現に優れた性能上空作戦。数枚AIM-47ミサイルの打ち上げに成功した後、一枚を含め、YF-12 3 . 2マッハの高速74、000フィート(22、677メートル打ち上げに成功し、撃墜1機は500フィート(152メートルのJQB-47E標的機。

ごじゅう年前、1965年ご月いち日、ロバート・斯蒂芬斯(大佐さあ、ロバートStephens)はエドワーズ空軍基地(Air Force Edwardsの音楽配信)運転YF-12更新時間毎に、070マイルの(毎時間さん、331キロ)のグローバル飛行高速記録や、はちじゅう、257フィート(24、262メートル)の飛行高度記録。戦闘機として作戦斯蒂芬斯大佐隊長として、運転していたほとんどのジェット戦闘機を含む、P-80流星(Shooting Star)、F-106三角標(デルタDart)、F-104星式戦闘機(Starfighter)、YF-102三角ナイフ(デルタDagger)やF4D日瑞(Skyray)。彼は軍服務期間のメダルを獲得した無数のため、更に「フォックス」(Silver Fox)の称号。