« 上一篇下一篇 »

冬のファッションライフを点灯したカシオ「エディフェス」

EFB - 50 Dシリーズの表盤は、古典的な3つの6つの針の設計を採用しており、簡潔な余裕は機能性を兼ね備えている。外観には、耐久性や低調で贅沢を失っていない伝統的な鋼体に、サファイアガラスの表面を配合し、エディフェスのエレガントな腕時計だけの優雅な気質を体現している。簡潔な設計の基礎の上で、表盤は更に“ローマの数字”を飾りにして、極微な設計の引き立ての下で、経典のローマの数字はとりわけ目立つように見えて、全体の腕時計はすべて簡潔な経典の効果を配布します。

EFB - 50 - 1 Aにおすすめ

純粋な鋼表は黒の表盤の伝統的なデザインに合わせて、実用的で、低調な独特の気質を見せて、スーツを身につけて、都会のおしゃれな男のシンプルなファッションを見せることができる。

EFB - 50 - 7 Aにおすすめ

真っ白な配色でゆったりとしたカジュアル感を持ち、職場のエリートの仕事や、のんびりとした場で着用することができます。ニットコートにはジーンズと逆皮の短いボブに合わせて、おしゃれをします。

EFB - 50 - 7 Aおすすめ

皮の表帯を備えたEFB - 50 - 7 Aは、ゴールドとして表盤に彩られ、白の表盤とコーヒー色の真皮を合わせ、復古のスタイリングとして生まれ、復古単品のシャツ、マカに合わせて、外出や年末パーティーに参加しても、必ず人の焦点になります。