« 上一篇下一篇 »

関税同盟に時計輸入関税が低下し、6ユーロを下回っない

ロシア税関オンラインサイトじゅうに月じゅうに日の報道によると、関税同盟会が決定する時計を輸入関税税率税関から価値の20%に引き下げるのが10%。2011年11月18日には、2012年1月1日から施行することについて、2012年1月1日から施行することにしました。

関税税率引き下げの向上で最高徴費の標準、それぞれ時計の最高徴費から現在のユーロユーロ引き上げじゅうさん。除時計のほか、関税同盟委員会の決議についても自分に装着や携帯の時計と他の表類を含め、ストップウォッチ。それに、時計のケースは貴重な金属製の製造または、金属にはめっきしていない。

ケース用に貴重な金属メッキ制作や貴金属の時計は、現行の輸入関税税率を実行するごとに時計の関税を20%が、ろくユーロ以下にしない。