« 上一篇下一篇 »

ユーザー視点に立ち、性能と外観を磨いた時代を象徴する1本

【講評:時計Begin編集長 中里 靖】 各部門賞の審査を終えた後、審査員から時計グランプリ候補として名前が挙がったのは、この「クリフトン ボーマティック」とオメガの「シーマスター ダイバー300M マスター クロノメーター」でした。2000年以降、時計の値段は年々高くなってきたように感じられます。今年新たにU-50部門を設定したのは、価格上昇の現実に一石を投じたいとの想いがあったからです。グランプリ候補に、図らずもコストパフォーマンスが高い2作品が挙がったのも、審査員全員が、同じ懸念を抱いていたからだと思います。 

当店は3日間出荷して、主要営業のウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピーブランド時計コピー、会場の10%OFFします。緊急連絡先: bestwatch2020@163.com