« 上一篇下一篇 »

伝統のコードを守りながら現代的に進化を続けるタンクの最新作

S.I.H.H.(ジュネーブ・サロン)開催とともに、いよいよ今年のウォッチ戦線が幕を開けた。なかでもひときわ話題になったのが、カルティエの新作「タンク アングレーズ」である。

前作ディヴァンから10年ぶりの「タンク」の新コレクションであり、カルティエを代表するビッグ・ネームの新作だけに、カルティエとしても威信を懸けて自社製自動巻きムーブメント「Cal.1904MC」を搭載した。アングレーズは、その名のとおり、現行コレクションのアメリカン、フランセーズに次ぎ、英国を基調とした。

ではどこが英国流なのか。まずボリューム感を増しながらも快適性を損なわない丸みのあるケースである。全体として直線的でありながら優美な曲線をも包含した造形は、アール・デコ美学が台頭した1920年代のロンドン・スタイルにインスピレーションを得ている。タンクは、第1次大戦を終結させた自由と平和の象徴である戦車をデザイン・モチーフにしている。その戦車を発明したのはほかならぬ英国であり、アングレーズには、タンク・コレクションの原点に対する深いリスペクトがこめられている。

タンクとしてはリュウズを内蔵させたことが新しい。そのためケースサイドに出っ張りがなく、戦車のキャタピラー・ラインがより忠実に再現された。エレガントな印象の強いタンクのなかで、アングレーズはダンディズム溢れる非常に男性的なモデルだ。昨今のメンズ・ファッションのトレンドとも通じ合いつつ、現代のジェントルマンとは何かを問う新作である。

スーパーコピー時計を生産しているNOOB工場のサイトです。最高級のレプリカ時計をH直々生産して工場出荷価格で販売しています。弊店のすべてのスーパーコピー時計は3年無料保証になります。