« 上一篇下一篇 »

腕時計の流通アフター:アフターサービスの問題は、常に品質を保持する

第じゅうろく回国際時計のマーケティングの日、パリLAMTAR Planning&Communicationのフィリップ・Bouti E「アフターサービス時限爆弾」。この観点、彼は自分の1つのは製表することに対して製表する商との研究についての研究をしていました。彼はその中では、「品質保証期間を過ごした後の戻り率は時計業保守最良の秘密の一つ。」事実上、保証期間内または保証期間後の戻りデータを明らかにする人はいないとする人がいる。

アフターサービスの問題は以前のいかなる時よりも更に待った。毎年およそ3000万枚スイス表市場に入って、その約600万枚を表に機械、過去数十年に生産の数千万の大軍機械表。スイスの輸出が年々増加し、アフターサービスは製表業のキー要素となっている。新しい解決方案を制定して需要を満たし、さもなくば暴走。

しかし「アフターサービス時限爆弾」この名詞はBouti E創始。2007年、世界的な金融危機の拡大は、Jean-Philippe Armは雑誌に発表したWatchAround関連内容の文章は、いくつかの有名なブランドのCEOをインタビュー。彼は引用Fran C ois-Paul Journeなら、「アフターサービスはすべてのブランドの癌。」Journe当時毎年10%の時計老化、故障や修理の必要が乱暴にされたり、サービスを必要。」

流通-アフターサービス:一枚ポタポタのタイミング爆弾?

50000は新しい仕事の持ち場に満足する需要を満たす

詳細についてはブランドのためにはこの方面の策略や、お客様に障害をアフターサービスを一掃、2013年の国際時計マーケティング日これをテーマに。アフターサービスの概念の全方位ハッスルで覆われ、技術の角度からメンテナンスや修理、交換はアフターサービスの重要な一環。しかし、お客様のブランドへの忠誠度の視点と顧客との間の関係を反映しているブランドも重要。事実上、アフターサービスはブランドの顧客との関係の一方で、顧客の購入を考えが新しい表の時、プリセールスサービスは最も主要なを通じて、サービスを固めることを売る前のトランザクションは、店舗で発生。

フランス杜省工商会のCatherine Bourdin MougelとLaurent Sage気づいて各ブランドの全力投球新型時計の売り上げは、ほとんど扱わないいかなる中古表の販売。彼らを観察して豪華表の市場は現在、サービス市場発展と比べ、新しい表の販売、アフターサービスの処理量が増加。保証期間内、アフターサービスもブランドは、中古市場のシェアを増加するという。Catherine Bourdin MougelやLaurent Sageと、2025年アフターサービスに必要な成長はグローバル新規ご万個が新しい持ち場の満足なら、数百万の機械表養護とメンテナンスの需要。