« 上一篇下一篇 »

IWCが新たな「スピットファイア」シリーズでマニュファクチュールとしての専門技術を実証

 

ジュネーブで開催される国際高級時計見本市(SIHH)で、IWCシャフハウゼンは、「パイロット・ウォッチ」コレクションから新しい“スピットファイア” シリーズを発表します。伝説的な英国の戦闘機の設計者が誇った独自のエンジニアリングに敬意を表し、すべてのスピットファイア・ウォッチにIWC自社製キャリバーが搭載されます。その設計は、マーク11の極めてシンプルな計器デザインにインスピレーションを受けています。この象徴的なナビゲーション・ウォッチは、1948年以降、英国王立空軍のためにシャフハウゼンで生産され、数多くのパイロットおよびナビゲーターに愛用されました。


 レジナルド J.ミッチェルによって設計されたスピットファイアは、航空機開発の歴史上、最も洗練された戦闘機のひとつです。伝説となっているこの英国戦闘機の象徴的な形状は、機能的な完璧なさの追求から設計されたものです。主翼により、スピットファイアは非常に俊敏で、操縦しやすくなっていると同時に、独特なシルエットとなっています。IWCのパイロット・ウォッチの特徴的な計器デザインも、軍用機の特殊な設計からきています。(詳細については別資料をご参照ください)「スピットファイアと同様、同じ名前を冠したIWCのウォッチ・コレクションでも、機能とデザインが完璧に融合しています。その設計は、マーク11ナビゲーション・ウォッチの極めてシンプルな計器デザインにインスピレーションを受けたものです。高品質のIWC自社製キャリバーをすべてのスピットファイア・モデルに搭載したので、これらのタイムピースはIWCの高い専門技術を示すことになるでしょう。」と、IWCシャフハウゼンのCEOであるクリストフ・グランジェ・ヘアは説明しています。

当店は3日間出荷して、主要営業のウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピーブランド時計コピー、会場の10%OFFします。緊急連絡先: bestwatch2020@163.com