« 上一篇下一篇 »

ストリートカルチャーとスウォッチが出会う6種類の限定ウオッチ

世界的な美術館、アートティストなど、これまでにも時計とは異なるジャンルのクリエイターと革新的なコラボレートを展開してきた“Swatch(スウォッチ)”。今回、“Swatch(スウォッチ)”がコラボレーションの相手に選んだのは日本を代表するストリートファッションブランド、A BATHING APE(BAPEÒ)だ。

BAPEÒ(ベイプ)は東京に拠点を構え、日本発信のトレンドを提案。1993年のブランド設立以来、ストリートファッションのシンボルであり続け、26年にわたってシーンを牽引。現在はメンズ、レディース、キッズとラインを拡充させ、日本国内およびアメリカ、イギリス、フランス、香港、中国、台湾、更にアジア諸国に店舗を展開し世界中の幅広い層からの高い支持を獲得している。

高品質な商品の提供と先駆的なデザインを世界に発信し続けてきた両ブランドにより世界を代表する5つの大都市、ベルン、ロンドン、ニューヨーク、パリ、東京へ捧げたユニークなデザインと全世界共通のワールドモデルの6デザインが完成。スイスの時計製造技術と、日本のストリートカルチャーが融合したコラボレーションウオッチとなっている。