« 上一篇下一篇 »

ハイテクセラミックスベゼルの多彩なカラーバリエーションに注目

スイスのレングナウで創業して以来、“想像することができるならば、作り出すことができる”というブランド哲学を今日まで貫きパイオニアスピリットを示してきた“RADO(ラドー)”。この夏は、1960年代に製造されたヒストリカルダイバーズを復刻した“Captain Cook(キャプテン クック)”から、魅力的な新モデルが発表された。

ダイバーズウオッチらしいアクティブなスタイル、伝統的でありながら先駆的なデザイン。形状、カラー、マテリアルをひとつにまとめ上げ、永続的なデザインを表現したこの42mmの“Captain Cook Automatic(キャプテン クック オートマティック)”は、大きな意味で復刻モデルのカテゴリーではあるが、色使い、サイズ感、素材など、ディテールを大幅にブラッシュアップすることで、現代的なバランス感覚にぴったり合うように作られている。