« 上一篇下一篇 »

常用時、太陽時、恒星時 – 3 つの時間のワルツ

ロレックススーパーコピー等のスーパーコピー腕時計の通販です。弊店はNoob製の最高級のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、2年品質無料保証します。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏

最高峰の時計技術が集約されたこのユニークピースは、数多くの天文コンプリケーションが信じがたいほどわずかなスペースに組み込まれ、そこには膨大な知識と計算、微妙な調整が表現されている。その魅力的な機能の中でまず注目される特徴的な機能は、常用時、太陽時、恒星時という3 つの時間表示。これらは、個々に独立した輪列で作動し、太陽に関わる全機能を司る“回帰”輪列も含まれる。
 「常用時」(標準時)は、先端に丸く抜いたモチーフを配した2 本のホワイトゴールド製の針により、表の文字盤で従来の時計と同じように読み取る。常用時とは、太陽は1 年を通じて一定の速度で赤道の周りを移動し、24 時間毎に1 周すると均等に定めた一種の仮定の理論に基づく「平均太陽時」と普通は理解されている。このような便利で伝統的な原理では、1 年は365.25 日に、1 日は24 時間に、1 時間は60 分にそれぞれ分割される。

 常用時に対して実際の「太陽時」(真太陽時)は、1 日を通じて太陽の目視可能な軌道に基づいており、所定の場所と時間で計測された時角によって表される。1 年の日によってこの「真太陽時」と「平均太陽時」との間に最大+14 分から-16 分までの差が生じ、両者が一致するのは1 年で4 回だけ。このような不一致が起こるのは、地球が周回する公転軌道が円ではなく楕円をしていて、太陽もその軌道の中心には位置していなく、さらに地球が軌道を移動する速度も一定ではなく、地球の自転軸も周回軌道面に対して傾いているという事実による。