« 上一篇下一篇 »

ポスト金融危機を稼ぐビジネス紅海時代に入る名

 期へとBasel Worldと違って、本年は中国からの参加者のバーゼル時計展で初めて「貴賓級」の待遇。どんなメディア、ディーラーはブランドのスタッフは、一律に全額シェンゲン査証料(約600元)、2009年中国市場の活躍と切り離せない。ここ数年の国内の時計市場、スイスの主流の時計ブランドにとって、目を閉じているかのように。「割引を借りずにテコ」ではなく、旧デザインを特別扱いしないし、投入、テレビCMが少ない投入平面メディア広告や広告用の文章ではなく、案内や影響オークション市場動向、一年だけで二回活動は「健康発展」――中国では毎年業績は二桁成長。まして、税金、消費者が海外市場で購入するのを選択。ブランドの本社に取りまとめ、この部分は中国市場から外延消費能力と同様に、彼らの事業データを後押ししている。