« 上一篇下一篇 »

中国の時計年に産業復興の道を開く

 2010年、中国の時計業界にとっても記念に値する年になる。85年前、中国が参加パナマ万博で展示を獲得し、多種な時、その中の「美華利」の時計は各伝統工芸品の中から抜けて西洋人が得意な時計製造分野で錐嚢を脱す、抜いて1位、一挙に金メダルを獲得した。55年前、新しい中国から各種工業建設が始まり、中国製の時計も天津と上海で誕生した。
中国企業とスイス時計バーゼル時計宝飾展覧会の親密な接触よんしよ月から1996年、当時中国時計協会が初めてグルバーゼル時計宝石展覧会に参加し、中国企業の時計と国際同行共同製品を展示すると同時に、また吸収することができて、参考にして西方の時計芸。その前に、一人の中国人という矯正する大羽1992年、ここに展示会の国際独立時計メーカー学会のブースには、演じている中国と時計の文化の魅力、彼特有の「魔法陀はずみ車」の仕組みと中国の伝統の篆刻やイヌワシやデザインなどとして、腕時計芸を引き起こした表現だけでなく、国際時計界の関心も、中国人のイメージ大使独立時計。
2010年、同じ展示舞台の上で、第二位から中国人――常州许家宝も初引き離して自分の演技を皮切りに彼を展示した世界に観客集カウントダウン、見て、音楽、フライなど多くの機能を一体化した「フライ器」で、この作品のひな形の完成は2002年はち月で、今はすでに発展から第七代、見た目より小さく精緻で、機能も充実させ、バーゼル続けて共同中国制钟业の百年の伝奇。