« 上一篇下一篇 »

第5回ロンジン北京国際馬術大師試合10月盛装再現

9月17日、秋の北京はまたスポーツの祭典を迎え、2015ロンジンの北京国際馬術大師試合が北京のルドガー・ビルボム馬術センターで本格的にスタートした。ロンジンのグローバル副総裁兼市場総監の胡安・カロリー氏、ロンジン中国区副総裁の李力氏が発表した。スイスの有名な時計メーカーのロンジンは、試合の5年連続の総冠名者として、公式のカウントダウンと指定腕時計を担当し、中国の視聴者と共に中国の最高水準を代表する馬術試合の一つとして目撃されます。10月23日から25日まで、この大会はオリンピックの聖地の巣で栄光を誇り、国内外の騎手が3日間の試合で情熱を競い、馬術の輝きを書きます。ロンジンのエレガントなイメージの大使のペンダントは競技場を助陣して、ロンジンも試合のきっかけを借りて観衆を招待して名匠シリーズの月相の時計の時計を鑑賞します。180年余りの伝統的な製表のブランドと700年の歴史の魅力的なスポーツは、百年の優美な暗黙の了解を続けて、馬の飛翔と躍起の間に、たゆまぬ戦いの精神を伝え、スピードと時間を演じる素晴らしい魅力を演出します。

前四回の成果を上げて、ロンジンの北京国際馬術大師試合は2011年から5年目に入りました。国内の騎手にとっては、5年連続で鳥の巣で開催された国際大会ではなく、現在までの中国馬術障害の最高レベルの1つで、中国馬術競技の国際名刺となっています。10月23日に開幕する2015年のロンジン・北京国際馬術大師試合は、試合自体も視聴者も参加度を飛躍した。馬の数が160匹に達し、総値は2億元に近い。賞金総額は158万元で、アマチュア騎手によるボーナスも国内新高になり、視聴者の数は3万近くと予想されている。人数。