« 上一篇下一篇 »

青に出て青に勝るー豪雅カレラCalbre CH 80カウントダウン

Calbre CH 80モデルを搭載した豪雅カレラCalbre CH 80カウント値表の表の色は白黒のコントラストを用いて、初のカレラ「パンダ」シリーズのカウントダウンに敬意を表している。自家製のコアで、カウントダウン、カレンダーの実用的な機能を備えた表金として、その価格は非常に公平である。

「カウントダウン」の機能は、非陀飛輪、月相などの機能を併せて論じることができるので、それに対して、カウントダウン機能の腕時計は価格の高い時計である。ここ数年、腕時計メーカーは、しっかりとした信頼性、読む時に明確にして、それ相応の活動需要を満たすための時計機能の時計で市場需要を満たすことに努めています。

自家製の機軸を作るブランドではないが、これまでのCalbre 1887のココアを、この2年近くで見せている。発表の日から、Calbre 1887の情報が好評で、製表業界の専門家の称賛を得て、2010年の「ジュネーヴ時計大賞」で「小指針賞」を勇ましい。しかし、この機軸はすでに市場を獲得して、無数のファンの心を獲得しましたが、今は豪快な登場したCalbre CH 80の機軸が「青に出て青に勝る」という勢いでもっと好きになりました。