« 上一篇下一篇 »

ロレックス:オイスター パーペチュアル

 

今回39ミリ径のモデルが加えられたことで、現行のオイスターパーペチュアルには39ミリ、36ミリ、34ミリ、31ミリ、26ミリという、実に5種類ものサイズバリエーションがそろったことになり、多様化の一途をたどる昨今の時計市場においても異例の多彩さとなりました。

ロレックス:オイスター パーペチュアル 39

また近年「実用時計」の条件として、たびたび話題に上るデイト機能について、極めて古いスタイルを範としながらも、実用性に配慮してデイト表示を付加するメゾンが多い中、古くから実用時計の象徴的存在であるオイスターパーペチュアルにデイト機能のないバリエーションを一貫して作り続けている点も、非常に特徴的と言うことができるでしょう。

もっともロレックスには、1945年来の70年もの歴史を誇るデイトジャストに象徴される、デイト付きの強力かつ多彩なバリエーションも存在しており、古くから同社が強いこだわりを示している、多彩なバリエーションへの配慮の一つにすぎないのかもしれません。