« 上一篇下一篇 »

ブラック文字盤でアクティブな装い

 

スピーク−マリンの「リジリエンス・ブラック」は、ベーシック機能とクラシックスタイルを極めたモデルだ。

新作「リジリエンス・ブラック」は、ラグのデザインとスペード針が印象的なモデルだ。また階段のように段差を設けたステップドベゼルが採用されており、アンティークを彷彿とさせる。さすが、歴史的な時計の修復に携わった経験を持つ彼ならではのデザインセンスがうかがえる。

前作の「リジリエンス」は、同じデザインのケースに、ホワイトの文字盤をセット。ローマンインデックスとレイルウェイサークル、ブルースチール針を組み合わせたクラシックなデザインだった。

新作の「リジリエンス・ブラック」では、ブラック文字盤を採用。アラビアインデックスを採用し、細身ながらユニークな書体のインデックスとした。針は従来のままだが、ゴールドカラーでフィニッシュ。ブラックとゴールドのカラーのコントラストが効いていて、クラシックなイメージから一転、スポーティでありながら、レトロな雰囲気を持つモデルに仕上がっている。