« 上一篇下一篇 »

アポロ13号のジェームズ・ラベル船長も来日

 

「シルバー スヌーピー アワード」とは、NASAが宇宙開発計画やそのミッションにおいて、とくに安全の観点から功績のあった人々に授与する賞である。受賞者には、宇宙服姿で宇宙遊泳をするスヌーピーのバッチが与えられるが、実はオメガも受賞している。

人類初の月面着陸に帯同したムーンウォッチ「スピードマスター プロフェッショナル」が、アポロ13号の爆発・停電事故による危機に際して、帰還の鍵を握る14秒の噴射時間を正確に計測し、乗員をすくったことにより、1970年10⽉5⽇に、NASAより栄誉ある「シルバー スヌーピー アワード」を授与されたのだ。

それから、ちょうど45年を迎えた2015年10⽉5⽇の夜、東京・羽田空港の格納庫にて、こうした栄えある歴史に彩られた「スピードマスター」の歴史を祝福する、セレブレーション・イベントが、200人を超す豪華なゲストを招待して開催された。漫画家の松本零士氏、競泳選手の入江陵介氏や星奈津美氏、SNSファウンダーの堀江貴文氏、作家の平野啓一郎・モデルの春香夫妻など、各界の著名人が招かれ、会場は大変に華やいでいた。

このイベントのメインとなったのは、トークセッションだ。壇上には、歴史的なアポロ13号を危機から救った船⻑、ジェームズ・ラベル⽒が登場。時計コレクターであることをこの日開かした俳優の江⼝洋介⽒、さらに日本人宇宙⾶⾏⼠・⼭崎直⼦⽒とともに時計や宇宙ミッションについてのトークに花を咲かせた。