« 上一篇下一篇 »

2018年ワルト・ラン優秀製表賞

7つの国家の8人の若い製表師は2018年のワルテ・ランの傑出した製表賞を競演しています。4月の最後の週に、ラン格は参加者に仕事坊を招待し、イベント終了前に試合のテーマを発表した。各参加者は10月の末までに時計の時計を開発する必要がある。

これは若い製表師のために設けられた国際試合が9年目になって、この回に新しい名前を変えました。2010年に始まった朗格製表の試合で、現在は「ワルト・ラング・ラング・スタイリスト賞」として、2017年の初めに亡くなった会社の創設を記念している。ワルト・ランガーは、若い製表師の訓練や制表試合の道向に関心を持っていた。

若い人材の発展を促進するのがこの試合の重点で、参加者は皆全世界の有名な製表学校からの優秀な学生で、彼らは共に10 , 000ユーロの賞金を競い合います。試合全体にはいくつかの段階が含まれており、まず初めに30の製表学校に申請書を出す。学校側は3人の候補者を指名することができて、朗格は中から最も適切な学生を選んで参加することができます。

ドイツ、オーストリア、スイス、フランス、スウェーデン、フィンランド、日本の参加者から、2018年4月23日から27日にかけて、ドレスデンとゲーラソディタウンを訪れた。朗格はわざわざ異なる活動を手配して、焦点の1つが時計工場の各工室に入ってくるのです。彫刻師、修飾専門家、製表師などの専門的な指導のもと、様々な勢いを現す製表師は、工房内で「trember」の彫刻や逆角などの手芸を展示している。彼らはまた、SaxonニアDual Timeのオートコアを組み立て、機軸の構造が複雑なため、ドイツの銀の部品を加えて慎重に処理する必要があり、この任務は経験豊富な製表師にとっても大きな挑戦である。