« 上一篇下一篇 »

ウォッチメーキングを超えるテクノロジーの革新

 

ブルガリの時計製造の歴史は、1920年代まで遡れるというが、本格的に取り組みを見せるのは1975年のこと。大胆なベゼルのデザインで有名な「ブルガリ・ブルガリ」の前身となる「ブルガリ ローマ」は、1975年に誕生した。

BVLGARI|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報
バーゼルワールドの会場で発表されたのは、「ブルガリ ローマ」の記念モデルだけではなく、時計メーカーとしてのブルガリが、時計と人の生活に革命を与えるコンセプトウォッチの発表だった。

あらたにコレクションを展開させる「ディアゴノ」に、シリコンチップを組み込み、電子パスポートの機能を与えるものだ。NFC技術を応用し、スマートフォンのアプリケーションが起動。さまざまな電子認証を可能にする。すなわち、この「ディアゴノ」のコンセプトモデルとスマートフォンを同時に所持しているだけで、クレジットの決済、扉やクルマのドアの開閉、交通機関のチケット入手などに利用できるという。