« 上一篇下一篇 »

グランパレでおこなわれた華麗なる競演

 

アンティーク家具やアート作品の見本市から始まったアンティーク・ビエンナーレだが、いまではオート・ジュエリーの新作も並び、一段と華やかだ。今年はヴェルサイユ宮殿をイメージした内装で、グランパレの入口を入ると大きな噴水。放射線状の緑の植え込みの中をシャンパン片手に、プロムナード(散歩)しながらジュエリーのブースを覗くという演出だ。

「ロワイヤル」をテーマにしたカルティエ

噴水の先、真正面にどんと構えるのがカルティエ。新作のテーマは「ロワイヤル」英国王室から受け継がれたパールを用いたティアラや、キングオフジュエラーだからこそ手に入れることができる、稀少な石を使った作品が並んだ。